ID非公開

2021/6/23 15:01

1010回答

赤木ファイルがどうの河野っていってますけど、安倍晋三の「私や妻が・・・」発言から始まって、官僚が忖度して佐川センジュに改竄を依頼し、

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

1

いつまで嘘を垂れ流してるんですか(笑) 実際に関与している赤木氏の上司が"政権の関与も忖度も一切なかった"と明言していますね。 修正の必要など無かったと、全員が認めています。 しかし、そのままの文書を出すと"野党がつまらない揚げ足取りをすることが目に見えていた"ので、その無駄な時間を削除するために修正を行ったんです。 いいですか、この辺りの話はとっくに赤木氏側と政府側双方の言い分が一致しているんですよ。いつまでも妄想に逃避していないで現実を見ましょう。

1人がナイス!しています

0

安倍晋三が“詐欺師のような人”と称した籠池氏に安倍の妻が騙され、国有財産をタダ同然で詐取されそうになった事が、この事件の発端なのです。 危機管理能力ゼロの権力者とその妻が共演者になってしまった、極めてお粗末な国家財産の詐欺未遂劇が森友学園事案なのです。 「いい土地ですから、先に進めてください・・」の言質を取られ、写真まで一緒に撮ってしまった、このお気楽、ノー天気ぶり全開の言動が全てを狂わせてしまったのです。 国家公務員としの、誇りと責任感に満ちた赤木俊夫氏は、“こんな人たち“の最大の犠牲者であり、気の毒でならない。 ある意味で、あの佐川センジュも犠牲者の一人かもしれないですよ。

2

>安倍晋三の「私や妻が・・・」発言から始まって、 そこが公文書改竄、変更の出発点ということであり、その発言により公文書の改竄、変更が始まったと考えるべきです。 改竄、変更をさせられたのは赤木さんですが、赤木さんは改竄、変更により自分に利する点は何もないのです。 改竄、変更により誰に利があるのか、誰が誰を忖度し誰にその改竄、変更を赤木さんに指示したかということです。 >安倍晋三が関わっていたってことに他ならないワケですよね? 結果的には関わってるでしょうが、安倍が窮地に追い込まれ最側近の〇〇に善後策を相談し〇〇が「よしっ、引受けた」として、このドラマが進行したものと思います、〇〇は俺の力でどうにでもなる、というトンデモナイ勘違いをしてたものと思います。 再調査はしない 自分で自分の首を絞めることは誰もしません。 黒塗りにする ドラマの筋書きがバレてしまうということです。 裁判では黙秘権はありますが、個人情報だから黒塗りというのは通用しないと思います、裁判所は黒塗りを叩き返し、原本の提出を命令すべきでしょう。 何処まで腐っているのかが分からない議員が日本の政治をしているということでしょう。

2人がナイス!しています

3

内閣人事局の存在が全ての元凶 即刻廃止すべき 幹部官僚が権力の方を向いての仕事しかしないようになっている。 内閣府自体も要らない 各省庁の自主性を大きく損なっている。

3人がナイス!しています

2

赤木氏は遺書で「近畿財務局が、豊中市に所在する国有地を学校法人森友学園(以下「学園」という。)に売却(売買契約締結)したのは平成28年6月20日です。私は、この時点では、本件事案を担当していませんので、学園との売買契約に向けた金額の交渉等に関して、どのような経緯があったのかについてはその事実を承知していません。」と書いています。 つまり、赤木氏は国有地売買の公文書の作成は行っておらず、土地売買の事実関係は何も知らないのです。 たまたま公文書の改ざんの時にこの部署に配置され公文書改ざんを行ったのであり、土地売買の事実関係を知らないのですから事実関係を書けるはずがないのです。 土地売買についての詳細は2018年の会計検査院報告で明らかになっていますが、安倍総理の関与は一切ありませんでした。

2人がナイス!しています