カードキャッシング 自己破産 本人が亡くなる の事について質問です。

法律相談 | クレジットカード30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございました!

お礼日時:6/23 20:00

その他の回答(4件)

0

裁判所が免責を認めている書類を先ずは点検するんでしょうね。それがあれば、間違いなく請求はありませんし、仮に請求があつても支払を拒否することができます。重要なのは債務の内容で自己破産以降、死亡までの間に作った借金は相続することになります。ただ、相続は放棄することができるので、相続放棄すれば免責です。

0

> 自己破産を行いそのまま100万円が残り ⇒自己破産しているのに「そのまま100万円が残る」って、そもそもあり得ない前提ですよね。何のために自己破産するのですか?。 確実に免責されるでしょうから、その時点で「債務がない」ことになるので、相続も発生しません。

0

自己破産する時点で100万は残っていない。 債務100万については、自己破産の免責がおりているなら債務はない。 この場合、1は、自己破産する時点では死んでいないので相続人というものが存在しない。 2は、自己破産し免責され、その後に死亡しているのであれば債務がないので相続人に請求するようなものが存在しない。

0

自己破産本人が亡くなった場合? もう免責が下りてるので請求などはありません。