ID非公開

2021/7/10 22:26

1414回答

なぜ一般的にFランは、大手の就職先がなかったり学歴フィルターで落とされたりしてしまうのでしょうか?

就職活動543閲覧

ベストアンサー

7

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ナイス数が一番多く、更に人事採用をしているという現場の生々しい回答が非常に説得力があり納得しました。 他の皆様も回答ありがとうございました。

お礼日時:7/16 19:25

その他の回答(13件)

0

チコちゃんじゃないけれど 漠然とボーとしないで http://siseikan.biz/now/%E3%80%8C%E5%B0%B1%E8%81%B7%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%80%8D.pdf みなさんが高校まで解いてきた問題は、 問題に値するものではない あんなものは、ほんとうの問題ではないのです。 公務員試験の集団討論も同じです。問題の先送り 例としては原発の核廃棄物処理問題、核抑止力論の核兵器廃絶問題 粗悪なソフィストの統治行為論プログラム規定論などへりくつこじつけ http://www1.tcue.ac.jp/home1/takamatsu/Intro/Intro2005.pdf 現代文の勉強の基本:解説をきちんと読む 「本来、文章の解釈は人それぞれあるべきで、答えがあること自体おかしい」と思うかもしれませんが、 現代文のテストで求められていることは、 「きちんとした読み方ができるのか」だと思ってください。 そこには、知識・思考レベルが水準に達しているのか、ということも含まれますが、 原則としては「相手の言いたいことを、論理的に考えることで、きちんとつかみ取ることができるか」が重要なわけです。 注意して欲しいことは、 「筆者の主張自体が正しいのかどうかを議論するわけではない」ということです。 自分の意見を述べる問題を除けば、 まずはその前の段階としての「相手の主張自体をきちんと把握できているか」が問われているということを十分に認識してください。 一般教養は、教養に基づく思考が問われていないという意味では、「ほとんど頭を使わない。」といえます。もっとも、設問の文章をうまく文法法則に沿って整理するという面では高度なパズルでもあり、その意味では、「非常に頭を使う。」ともいえます。要は、頭の使い方が、「一般教養」という科目の名称から想像されるものとは随分違う、ということです。このような出題になってしまうのは、大学入試の現代文と同じ理由に基づきます。すなわち、客観的な採点をしなければならないからです。客観的な採点をするためには、客観的・形式的に解答が導けるものでなければならない。だから、このような出題となり、それに対する解法も、上記のようなものとなるのです。しかし、原文を書く小説家等は、実は、そこまで厳密な文法法則を意識して書いていなかったりします。そのために、「出題された文章を書いた筆者本人が解答すると、正解できない。」という面白い現象が生じるわけですね。このことからも、「自分の頭で文章の本質を理解し、自分の言葉で答案を書く」と、ほとんど点が取れないことがわかるでしょう。多くの受験生が、このことを知らないのです。 同時に、上記のような思考方法は、単なる予備試験の一般教養科目のためだけの受験テクニックというわけではなく、判例の原文などの法律文を読む際にも用いることのできる方法論である、ということも、指摘しておきたいと思います。上記のように、置換えや、読替え、指示語の指す対象の特定ができるようになると、判例も正しく読めるようになります。判例の規範も、より正確な、洗練されたものを用意することができるようになる。予備校のテキストだけでなく、学者の体系書の中にも、判例の規範の示し方が上記のような方法論を適切に用いていないために、不正確になっているとみられるものがあります。ここで示したような基本的な文章の読み方を理解した上で、判決原文と、テキスト等の判旨や規範を対照してみるのも、面白いのではないかと思います。 とのことです。 スカスカ とりあえず図解入りから入りましょう https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/9/viewer.html?cid=bf4e1865-c2ce-4ff3-96a6-c766ae2be685&cty=1 同等対比因果関係 ドラゴン桜 本質 http://www.yokohama-kokugo.com/kokugoryoku_1.pdf

4

基本的に(特定の業界を除いて)フィルターでは落とされません。その人が大学相応にバカっぽいから落とされているだけです。 私はかなりレベルの低い大学で大手数社から内定を頂きましたが、さらに低いレベルの低いガチボーダーフリーの大学にいる私の友人たちの中にも大手総合職の内定者はいます。それなりの立ち振る舞いができれば、それなりの就職先があります。

4人がナイス!しています

2

学歴というか単純に本人の頭がよろしくなくて筆記試験とか書類が酷くて落ちてるだけだと思います。 実務経験ないのは構わないですけど一般常識がないのはさすがに落とすでしょう。 勉強ができるのと仕事ができるのは違うと言っても、 Fランて酷いところだと小学生の問題を大学でやらせてたりするらしいじゃないですか。 本来教えなくても分かるはずの義務教育の範囲を知らないレベルじゃ仕事任せられないですよ。 ジャングルジムが燃えて子供が亡くなった事件とかありましたけど、 普通に常識で考えたら危ないの分かるはずなのにそれが分からない人たちが大学生やってたから起きたわけですよ。

2人がナイス!しています

4

大手の企業は一般的に、エントリーシート→採用試験(学力試験)→面接となります。場合によっては、エントリーシート、採用試験、面接の3点を持って一次審査とし、応募者は誰でも、どの大学であっても、ここまでは行われる事もあります。 しかし、Fラン大学生はエントリーシートがまともに書けないケースが多いです。「学生時代に最も力を入れた事は?」という内容や、「弊社に入ってやりたい事は?」という、定番の質問に答えられないのです。流石に「毎日講義を落とさない程度にダラダラしてました」とは言えないので、そこで詰みます。よしんば他人に書いて貰う等して応募しても、採用試験の点数が悲惨だったり、面接でエントリーシートに書かれた事と同じ事が言えない、或いは深掘りされて答えられなくなるケースが多いのです。 一流大学生は、毎日の厳しい講義や課題について書けたり、課外活動や個人研究、アルバイト等の社会生活の中で培ったものを、エントリーシートに書けます。学力も問題ないので採用試験も高得点を出し、面接でも自分で考えて書いた内容を話すので、突破しやすくなります。自らに課題を貸し、それをやり遂げ、会社の定めた学力があるという、会社の希望する人材に、自然となれるのです。 なお、一流大学だからといって、入学して満足したり、燃え尽きた人達は就職で苦労します。例えば、20年の東大卒業者の内、大学院に進学した人を除いた人の中から、有名400社に就職したのは約25%です。勿論、国家公務員や外資系、ベンチャー企業や自ら会社を起こすというのは有名400社のカウントには入らないので、優秀な東大生だからこそ有名企業の就職比率が下がるのかもしれませんが、東大だからあとは遊んでも就活が余裕、にはなりません。 まとめますと、Fラン大学生は企業の規模する人材に到達していないからです。エントリーシートを適切に書け、企業が定める学力があり、人に言って恥ずかしくない大学生活があり、語れるのなら、F欄でも大企業に就職出来ます。Fランで有名企業に就職した人は、そういう人です。かくいう私も、卒業大学はMARCHにも満たない三流大学卒ですが、就職対策(特にSPIなどの試験対策)をして、日経225(製造業)に新卒で入社しました。多くの製造業は工場管理を子会社に任せており、当然の事ながら工事勤務、現場仕事、低賃金(失礼)での採用ではありません。

4人がナイス!しています

3

2つ目の理由があると思います。 1つ目は、東大生でも、Fラン大学生でも雇用するまで仕事できるかわかりません。同条件なら、最低限次のことが保証されている、今まで頑張ってきた実績のある人、英語のできる人、常識がある人を雇いたいと思うのが企業の本音です。実際、企業に入ってあとに平気で遅刻したり、法律やモラルを知らない、話が伝わらないといったことがfラン大学生だと起きることが多いです。 2つ目は、Fラン大学生含め、すべての大学生を面接する時間もお金もないからです。時間には限りがあるため、数を絞る必要があります。実際、fラン大学生にはろくに企業研究を行わない人も多く、雇用される人も少ないため省かれます。

3人がナイス!しています