ID非公開

2021/7/11 12:27

33回答

量子力学の「この世は観測されるまで存在しない」という理論についての質問です。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/11 16:38

回答ありがとうございます。 「観測」の定義も難しいですね。 二重スリット実験で、「電子が発射されて空中を移動しているとき」は状態が確定してないのに、「発射された電子がスクリーンに着弾したとき」は状態が確定している。 一般的な日本語の定義で言えば後者はまだ観測されてなかったはずですが・・・ 例えば、人間が実験を肉眼で凝視しても電子はまったく見えないですが、それだと観測されたことにはならず干渉縞が出来るんですかね? それなら、「ギリギリ検出できないぐらいの検出器」をスリットに置いたらどうなるんでしょう?それで干渉縞が出来て、「検出できる検出器」で干渉縞が出来なかったら衝撃的ですが・・・

その他の回答(2件)

0

根本の問題になって、あなたへの直接の回答にならないので失礼かもしれません。 私はその量子の事は、その部分だけに留めるべきと思います。 加速器の実験で、宇宙全体の成り行きに迄広めるべきではないという考えをしてます。 本題から外れるので無視されてもいいです。 こういう事で今の科学にない状況で回答しているので載せてみます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14245645964

1

ええ、「観測されるまで量子の状態は確定しない」です。 範囲もあくまでミクロの量子レベルまでで、分子では関係ありません。

1人がナイス!しています