以前聖書を読んだ時、登場人物で神に「どこかへ」連れていかれてしまった人がいたのですがその人物の名前を忘れてしまいました。

宗教 | 文学、古典27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答者3名様すべてに感謝です。 「創世記5:24」が該当部分でしたが列王記 第二やヘブライ11:5も判然としないで謎が増えました。 「死んだ」とか「天に行った」じゃなくてわからないんですよね。

お礼日時:7/26 20:50

その他の回答(2件)

1

エノク、エリヤは他の回答者が挙げているので、他には、ピリポ。 使徒 8:38~40 そして馬車を止めさせ、ピリポも宦官も水の中へ降りて行き、ピリポは宦官にバプテスマを授けた。水から上がって来たとき、主の霊がピリポを連れ去られたので、宦官はそれから後彼を見なかったが、喜びながら帰って行った。それからピリポはアゾトに現れ、すべての町々を通って福音を宣べ伝え、カイザリヤに行った。

1人がナイス!しています

2

この部分と、創世記、5章21-24節、 「そしてエノクは六十五年のあいだ生き,そののちメトセラの父となった。22 そして,メトセラの父となった後,エノクは三百年のあいだ[まことの]神と共に歩みつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。23 それで,エノクの日数は全部で三百六十五年となった。24 こうしてエノクは[まことの]神と共に歩みつづけ,そののちいなくなった。神が彼を取られたからである」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー と、この部分、列王記 第二、2章6-14節、 それからエリヤは彼に言った,「どうか,ここに座っていてください。エホバがわたしをヨルダンに遣わされたからです」。しかし彼は言った,「エホバは生きておられ,あなたの魂も生きています。私はあなたを離れません」。そこで,彼ら二人は進んで行った。7 すると,行って,かなり離れた見える所に立っている預言者の子ら五十人がいた。しかし彼ら二人は,ヨルダンのほとりに立った。8 それから,エリヤは自分の職服を取り,それを丸めて水を打つと,水はしだいにこちらとそちらに分けられたので,彼ら二人は乾いた土の上を渡った。 9 そして,ふたりが渡るとすぐ,エリヤがエリシャにこう言ったのである。「わたしがあなたから取られる前に,あなたのためにすべきことを求めなさい」。これに対してエリシャは言った,「どうか,あなたの霊の二つの分が私に臨みますように」。10 そこで彼は言った,「あなたは難しいことを求めました。あなたから取られるとき,もしあなたがわたしを見るなら,それはそのようにあなたに起きるでしょう。しかし,もし[見]ないなら,それは起きないでしょう」。 11 そして,ふたりが歩いて行き,歩きながら話していたところ,何と,見よ,火の戦車と火の馬[が現われ],それは彼ら二人の間を分け隔てたのである。そして,エリヤは風あらしに乗って天に上って行った。12 その間ずっと,エリシャはそれを見て,「我が父,我が父,イスラエルの戦車とその騎手たちよ!」と叫んでいた。そして,もはや彼を見なかった。それゆえ,彼は自分の衣をつかみ,それを二つに引き裂いた。13 その後,彼はエリヤの身から落ちたその職服を拾い上げ,戻って来て,ヨルダンの岸辺に立った。14 そこで,彼はエリヤの身から落ちたその職服を取り,水を打って言った,「エリヤの神エホバ,実際,その方はどこにおられるのですか」。彼が水を打つと,それはしだいにこちらとそちらに分けられたので,エリシャは渡った。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ですかね?

2人がナイス!しています