回答受付が終了しました

DTMが主流の中、あえてハードのシンセやエフェクターを使用するのはなにかいみがあるのかちょー?

DTM118閲覧

1人が共感しています

回答(8件)

0

カニとカニカマみたいな物で好みで選ぶ物なんじゃないですかね? 好き嫌いはそれぞれだからカニ(ハード)だから美味しい(良い音)とは限りませんが、値段も高いし食べるの面倒だけど好きな人は好き。 同じで世の中の人はほとんどカニカマ(ソフト)の方がたくさん食べています。 便利で安くて美味しいからだと思います。 でもたまにはカニ(ハード)食べたい人がいる。

0

自分は逆で楽器とは違った、ぎこちなく至らない出音が面白くてソフトを使います。 ただ視点が違うだけです。

0

デシタルでは 物足らないと感じる人が あえて使うんだと思います。 シュミレーター と 実機 実機の方が調子悪いこともあると思いますが・・・ 実機も古くなり個体差が多くて・・・ 何が何だかわからなくなることも多いですが・・・ それが味だと思う人も多いかと。。。 好みの問題です。。 例えば ミュートロンのバイ・フェイズとか コンピューターでシュミレートするのは 難しいです。

0

特有のアナログ感とか、デジタルでは再現できない奥行きとか、好みですね。

1

モジュラーシンセなんて、完全に過去のものになったと思っていたら、ユーロラックでモジュラーシンセがリバイバルして、多くのメーカーが出してたりする。自分で組み立てるとか、パッチケーブルで音をつくるとか、ツマミをグリグリして、きれいな音だけでなくグチャグチャな音も作りたい、とか、ソフトウエアでは得られにくい、直接触っている感覚が受けている部分があるのでは?

1人がナイス!しています