武士政権の基盤を作り上げた人物は平清盛ですか?すごい人物だと思いますか?

日本史32閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

すごい人には変わりありませんね。

お礼日時:7/24 5:18

その他の回答(3件)

0

その通りですね(^^)/ 平清盛がいなければ、その後も公家による平安時代が続き、 元寇によって攻め滅ぼされたか、 幕末に清国よりも先に、英国に占領され 「植民地」になっていたでしょうから・・・。

0

平清盛は公家ですよ。 源頼朝も同じで、京言葉を話、京都の朝廷文化に倣った生活をする公家であって、つまりは武装貴族ですから。 あなたがどういう意味あいで「武士政権の基盤」を作ったといってるのかで、思いっきり変わってくる話ですけどね、そのご質問は。 まず、学校の歴史の授業で習うとおり、武士政権の成立の基底を為したのは、前九年の役のあとの後三年の役に従軍して活躍した源義家を武家権力基盤の途を敷いた嚆矢とします。 云うまでもなく源義家は、鎌倉幕府を築いた頼朝、あるいは室町幕府を打ち立てた足利将軍家の祖先です。 そして保元の乱、平治の乱によって河内源氏と伊勢平氏の二大勢力が台頭していき、相対的に天皇・朝廷の権力を希薄化させていく・・・という経緯と機序ですよね? ここで源義朝と平清盛が伸していくわけで、政争によって源義朝は排撃されていったのですが、一般には、義家あるいは義朝の存在とその業績を「後の長く続く武家政権の基礎を築いた/導いた」と見る傾向があります。 むろん義朝ではなく清盛なのだ論をもっても構わないのですが、すくなくとも相対化されるべきであって、平清盛だけをことさらに特異点かのように捉まえるのは歴史的な視点としては間違いでしょう。 まあ、これが中学生くらいの課題でしたら、大河ドラマでよくあるように、清盛が武家の権力を築いたのだ、すごいねえでも大丈夫ですけどね。 また、鎌倉幕府にしたって、近年は承久の乱を重要視するように、初期の鎌倉幕府は全国の統治権を持つ権力主体とは見做さなくなっていますよね? だから、どのような文脈で「武士政権の基盤を作った」と云うのかで、まったく変わってくるのですよ。

0

商業や貿易を発展させたという功績はありますが、武家政権の基盤を作ったとは思えません。既存の朝廷内の組織に食い込んだというだけで、武家出身の貴族に過ぎません。頼朝はそれまでの朝廷とは違う、武士ならではの支配体制を築いた