(イエス・)キリストは ユダヤ教からの独立に成功し、 ユダは イエスが創った教団からの独立に失敗したのですか?

補足

私が読んだ本には、「ユダは より禁欲的な生活を主張した。」という意味のことが載っていたと思うのですが?

宗教 | 世界史33閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

「ユダは より禁欲的な生活を主張した。」 マルコ14:3-7 マタイ26:6-11 ヨハネ福12:2-8 で ある女がやって来て、とても高価な香水を1瓶イエスにふりかえる。弟子らは、こういう無駄遣いを咎める(この香水を買うお金を貧しい人にあげる方がいいのではないか)が、イエスは「貧乏人はいつだっているけど私はいつもいるわけじゃないからね」と言う。 ・・・こんな師匠に愛想が尽きたのかも。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございました。 勉強になりました。 多…漫さん も 詳しくありがとうございました。 勉強になりました。 ブ…者さん も ありがとうございました。

お礼日時:7/24 22:07

その他の回答(2件)

1

イエスはユダヤ教からの独立など毛頭考えていなかったでしょう。 少なくとも,それが現在のキリスト教学の定説です。 彼が目論んでいたのは,あくまで形骸化してしまっていたユダヤ教を 信仰と愛を重視した,彼が考える所の本来の形に戻すことだけだったとされています。 イエスの教団は,当時,いっぱいあったユダヤ教内のマイナーな宗派の一つに過ぎませんでした。 実際,イエスの死後…そして信じるならば復活後…弟子たちが結成したいわゆる「初代教会」でさえ,ユダヤ教から独立したものではなく ユダヤ教内の一宗派に過ぎませんでした。 それが,より伝統的なユダヤ教から迫害を受けたりして またパウロのおかげで非ユダヤ人の信者が増えたりする中,結果論的に独立したのです。 キリスト教をユダヤ教から独立させたのはパウロだと言っても差し支えないと思います。 ユダが何を考えていたのか,聖書は語っていませんが… 福音書の書き方では,あたかも単なる金目当てだったように書いていますが,それだけではなかっただろうという意見もあります。 何らかの形でイエスの教えに反感を覚え イエス教団を解散させたいと思ったのでしょうね。 特に彼自身が独立して別な教団を作ろうと考えていたという事は… なかったとは言えませんが…根拠が乏しいと思います。

1人がナイス!しています