後期高齢者保険と家賃収入 後期高齢者で現役並み所得があると自己負担額が上がるとのこと。 例えば家賃収入が1ヶ月に70万円(家賃所得ではなく収入)年金が月8万だとします。

補足

画像添付忘れてしまいました。下記アドレスから上限はみました。https://www.kenpo.gr.jp/scsk-kenpo/contents/01shikumi/kourei/jyukyusya.html

保険 | 税金49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

大変わかりやすい説明ありがとうございます。このプラスαなんですが、167400+(医療費-558000)×1%ってことは、A病院で40万かかった場合、400000-558000×1%でαのところは−15800円ってことですか?合計167400−15800円ってことになるんですかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変わかりやすかったです。ありがとうございました

お礼日時:7/23 22:13

その他の回答(2件)

0

ここでいう所得とは前年の確定申告書の合計所得です。 例えば令和2年の所得で令和3年度の後期高齢者医療制度の「所得」が決まります。

0

>>家賃収入が1ヶ月に70万円(家賃所得ではなく収入) [家賃収入]-[必要経費] または、 [家賃収入]-[必要経費]-[青色申告特別控除] の金額が分からないと、区分が決まりません。

後期高齢者の医療費の区分は所得じゃなく、収入から分けると思っていたのですが(どこかのサイトでそう書いてありました)収入じゃなくて所得で区分は分けるんですか?