ドローンって近くに来たらエアガンで撃ち落としてもいいんですか? 人や物から30m以上離れて飛行しないといけないんでしょ。 射程距離30m以内のエアガンに当たるということは

補足

マンションの4階に住んでいますが、ベランダに出ると目の高さにドローンが飛んでいます。恐らく盗撮しているんだと思いますが、身の危険を感じます。相手の明らかな犯罪行為により身の危険を感じた場合は正当防衛になりませんか? またエアガンも持ち歩いているわけではなく4階の自室から空に向かって撃つ感じです。着弾点にひと気はありません。 エアガンがダメなら網でも投げます。

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

あなたが法律についてよく知ってるというのがわかった。 他の方のように一般論や感情論を述べず、事実のみを列挙してるのは好感が持てる。 こちらとしては常識的な回答は不要で、法の穴などを知りたいのだ。 中華製強力レーザー等で炙ってドローンを落下させたら悪い?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

文字数多すぎ

お礼日時:7/25 16:56

その他の回答(6件)

1

日本の法律では、あなたが罰せられます。 盗撮の被害を受けている場合は、警察に通報で、 プライバシーの侵害で告訴でしょうね。 なので、何もドローンに対してはできません。 やる必要もないです。警察で対処です。

1人がナイス!しています

10

ドローンを許可なく人や物との距離が30m以内となる範囲で飛行させると「航空法」違反です。ただし安全確認を行ったにもかかわらず第三者がドローンとの距離30mへ意図的に接近した場合は除かれます。 つまり質問者さんが飛行しているドローンに近づいて、30m以内の距離に入った場合は、ドローンの操縦者は航空法違反にはならないんですよ。 仮に撃ち落として損害を与えた場合は「民法」の損害賠償請求をされる場合があります。これは航空法とは別なので、仮に操縦者が航空法違反をしていても損害賠償請求は可能です。 法律違反をしている者へ第三者が損害を与えても良いという法律はありません。いかなる状況であっても他人から損害を与えられれば賠償請求することは可能です。 そして人前でエアソフトガンを発射する行為は「軽犯罪法」違反です。厳密にいうとエアソフトガンを人前に出した時点で「軽犯罪法第1条第2号」、発射し第三者へ損害を与えた時点で「軽犯罪法第1条第11項の危険物投注」に該当します。 犯罪としてはこちらの方が重視されるうえ刑も重いです。

10人がナイス!しています

5

申請、許可を得てる方が殆どだと思いますので 許可とってますか?と確認してからでないといけませんね どちらにしても壊したら器物損壊になると思います。 何か行動起こせるとしたら警察へ通報するくらいしかできませんね。

5人がナイス!しています

1

さて? 法律には詳しくありませんが、それで相手のドローンを破損させた場合、他人の財産を侵害したんで器物破損に問われそうだね。 向こうが犯罪を犯してるから、こちらもやって良いって事にはならんと思うけどね。

1人がナイス!しています