①ウルトラセブンの12話はクラウドファンディング等で解禁出来ないのですか? ② どうしてウルトラセブンの12話を消すなら消すで13話を12話にして、全48話にしてほしい

特撮72閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

3

版権を持ってる円谷プロにその気がない以上解禁は無いでしょう。 お金の問題ではなく企業としてのコンプライアンスの問題でしょうね。 例え当時制作時にそういう意図が全く無かったとしても受け手側にそう捉えられてしまうともうどんな言い訳も通用しません。 しかも円谷側が反論もせずに封印したので相手側からは認めたということになってしまってますからここから降り戻すのは社会的にリスクも高いという経営陣の判断かも知れません。 何より円谷プロにとってあの13話がそれほど残したいと思う作品ではないというのも大きいかと。 本当に残そうという気なら今ならネットなども駆使すれば限定的な復活もあるかと思いますがそれをしないのは円谷側にとってメリットのある作品じゃないという事です。 しかし一応は制作も放送もしたので放送回としてのナンバリングだけは残そうという事でしょう。 円谷プロ側としては完全に抹消は出来ないしする必要もないがそれでも復刻する気も更々無いという事です。 理由はやはり一度円谷側が相手の抗議に対し事実上そういう意図と思えるような作品だと認識したからであり今後どういう言い訳をしても同じ抗議があれば止めざるを得ないという企業側の自己防衛によるものともう一つは会社や経営者が作品自体に全く未練が無いという事です。 いっては何ですが円谷プロがあれだけ素早く封印の対応をしたのはもしかしたら作品自体あまり良く思ってなかったのかも知れません。 つまり円谷プロ側からすれば作ったは良いが作品の出来に全然満足しておらず抗議のついでに黒歴史として封印したかっただけかも知れません。 元々作品作りに強いこだわりがあった会社なので言っては何ですがあの作品が無い事でウルトラセブンの評価が上がったとも考えられます。 いずれにしても金を集めた所でどうにかなるような問題ではないと思いますね。 それこそ当時のスタッフが社長にでもなって復刻したいと思わない限りは無理でしょう。 現状ではその気が全くないから復刻もしない。ただそれだけです。

3人がナイス!しています

1

解禁するかしないかは権利者である円谷プロ次第。 アンヌ役のひし美ゆり子さんは、解禁希望してる。 ナンバリングについては今更変えるのは大変なのと、欠番扱いであることでギリギリ作品の存在だけでも残したいのではないかな。 あるいはいつか解禁出来た時の為に、現在は欠落させてるのかも。

1人がナイス!しています