回答受付が終了しました

ジュエリー好きな方に質問です。

補足

皆さま、ありがとうございます。 割と自由な職場でですけど、考えた方が良さそうですね。 付けていく場所が職場しかないため、エタニティにしようかなと考え直しています。今、華奢な18Kイエローゴールドの指輪を付けているので重ねようかな、と。 その他、パールとか色々惹かれるのですが、お出かけがほとんどないもので、どうせならたくさん使えるものが良いですものね。

回答(4件)

0

私は仕事中は指輪はしないですが、パヴェリングは好きでプライベートでよく使います。

画像
1

パヴェは会社へはやめた方がいいと思います… あくまでも私の経験した職場のイメージですが…そこまで高価&派手なジュエリーの人はおらず、浮くので。 あなたの同僚や上司がどの程度アクセサリーを身につけているかで判断した方がいいです。 私は職場へは結婚指輪のみ、ネックレスとピアスを着けています。 中には大振りなコスチュームジュエリーとカルティエのラブリング&ネックレスにエタニティのピンキーの人もいますが…彼女だけ派手で他の女性陣は指輪は結婚指輪のみ、ピアスとネックレスは気分でって状況です。 もし貴方の職場がアクセサリーじゃらじゃらが定番ならばパヴェもありですが…私だったら完全に休日用にします。 パヴェのデザインは特にフォーマル専用という訳ではありませんし、好きなタイミングで使っていいと思います。 ちなみに私が職場へしていくアクセサリーはピアスは5ミリ前後のオパールやサファイア等の色石や小粒のダイヤ、プラチナやホワイトゴールドの地金のみのもの、たまにガラスパールです。 ネックレスもピアスと同じ石の一粒のものだったりホースシューやバーなどモチーフのものだったりします。 金額は役職も低いし職場に高価なものをしていっても…と思い10万円以内にしています。

1人がナイス!しています

補足読みました。 今は手指のアルコール消毒が行われますから、もし他のデザインを検討されるならアルコールに強い石をお勧めします。 パールは特にアルコールNGなのでコロナが落ち着き、アルコール消毒も薄れてきた頃になってからでないと…いちいち外して揮発したら指輪を付け直して…となって面倒かと… 私がそういう理由もありダイヤ以外の指輪はしなくなりました…

0

部長は、プラチナかなと思われる地金のみのピンキー、課長はダイヤのプチピアス、小さめネックレス、華奢なブレスレットと中指にエタニティをしてます。同僚は、ダイヤで0.1〜0.2くらいか、ブリオレットのカラーストーンネックレスをしてる人達が多いですね。ほとんどの人が指輪をしていません。 私は左手に結婚指輪と一粒石をして、右手にエタニティをしてます。

4

普段つけるのは全く問題ないのですけど、会社的には着けて大丈夫ですか? 接客や取引先と接する場合、非常識になりますのでご注意ください。 また、会社につけていく事にはリスクが多すぎます。 パヴェは特に石が外れやすく、どこかにあてれば石がなくなります。 その時は平気でも歪みによって後日外れることもあります。 会社での盗難も問題です。 今までは問題なくとも、そういうのをつけていった瞬間に狙ってくる人多いです。 会社で盗られる人ってものすごく多いんですよね…。 万一無くなっても不要なものを持ち込んだあなたの責任になってしまうし、やめた方がいいかとは思います。 けれど普段プライベートでは沢山つけてあげたらいいと思います。 使わないともったいないですからね。 パヴェならシンプルな服装にも合いますし、オールシーズン合わせやすいと思いますよ。 私は仕事がジュエリーの販売で、その会社は「なるべくジュエリーを身につけて」が常識でしたので、とにもかくにも余程の他社ブランドじゃなければ好きなだけつけてokでした。 むしろつけてないとお客様からも馬鹿にされたり、信用を得られない(なんであなたしてないの?人には勧めるのに?と)のです。 なので一般的でないですし、参考にならないかも知れませんが…。 仕事中つけるのは、皆が個人所有しているさまざまなジュエリーでした。 ダイヤ、地金、色石…多様なジュエリーをつけていれば身をもって知る事も多いです。 一つ目は盗難。 スタッフは出癖の悪い人も多く、盗まれた人なんて沢山。皆厳重に管理していました。 お客様の職場(一般職)でもよく盗難があったので、まぁどこにでもいますよね。 二つ目はジュエリーの繊細さ。 彼らは普段使い用に作られているのではなく、あくまで「装飾品」です。 ぶつければ石は割れるし(ダイヤも)、落とせばセッティングが歪み石とれが起こります。 先刻まではあった石がなくなっている事に気づいた瞬間のあの絶望と焦り…笑 職場はタイルだったので皆這いつくばって探し、石が見つかることも多いのですけど普通の会社ならそうはいきません。 三つ目は妬み。 同僚、上司、お客様…絶対妬みってあります。口には出さなくても態度や視線でわかりますし、言動に出る人も。 そこから変なこという人もいます。 なので、着けるのはシーンをちゃんと考えて、自分に有利な場面を選ぶのがいいかと思います。 ジュエリーをつけた時の高揚感は中々得られるものではないので、今後もいい出会いがありますように願っております。

4人がナイス!しています

色々勉強になりました。 想定していなかったことがいっぱい! 付けていくのが職場しかないので、それならハーフエタニティ買う方が良いですかねぇ。どうも「高揚感」がそこまでではないですけど。