関東大震災で東京でも震度7を観測したのは、本当ですか?

地震71閲覧

その他の回答(4件)

0

本当になると思います。震源から50kmも離れている所でも地割れが起きましたから。

0

震度7を始めて観測したのは2004年の新潟県中越地震でしょう 1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)でも 震度7とされてはいますが調査での判断であり 機器による観測までは出来ていないと思います 震度7そのものの規定は1949年以降ですので それ以前であれば震度7という概念が存在していないので 関東地震では震度7そのものが存在していないです ※ちなみに関東大震災というのは地震そのものではなく 関東地震による地震災害を示す言葉で 人間や社会に被害がある災害が地震によって起こったということ 『地震そのものは災害ではない』ので 災害とその原因については混同しない方が正確に表現できます (一例・火事による災害が火災、洪水などによる災害が水害) 個人の意見です

0

・「観測」(気象台員による体感観測)ではなく、「推定」のようです。 『wikipedia[関東地震] 関東地震(かんとうじしん)は、1923年(大正12年)9月1日に南関東を中心に発生した巨大地震であり[10][11]、関東大震災を引き起こしたことで知られる[12]。関東大地震(かんとうおおじしん、かんとうだいじしん)とも呼称される ・・・ 各地の震度[編集] 関東地震の震度分布 中央気象台(現・気象庁)による観測では最大震度は東京などで震度6であったが[66]当時は震度7の階級は設定されておらず、被害状況から、小田原など相模湾岸および房総半島南部で震度7に達したと推定されている[注 1]。 また東京においても、砂町や羽田などの東京湾沿岸や三河島など内陸で震度7に達したと推定されている[67][68]。』 質問【関東大震災で東京でも震度7を観測したのは、本当ですか?】(猫のミーさん 2021/7/20 16:04)

0

100年前で今と異なる計測器