戦国IF 大阪冬の陣がもしも野戦であったなら 大阪方に勝機はありましたか?

日本史73閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

思いのほか盛り上がったので こちらをBAに。 他の皆様も 回答ありがとうございました!

お礼日時:7/25 9:36

その他の回答(7件)

0

秀吉は城攻めの名人でした。城攻めで失敗したのは小牧長久手の戦いぐらいでしょう。その名人があらゆる攻め手に耐えうる城として築城したのが大阪城です。秀吉自身が攻めても手を焼いたでしょう。 家康は体育会系で緻密な城攻めは苦手です。信玄とすら三方原で大会戦しようとしたほど会戦好きです。関ヶ原の時も岐阜城にこもる西軍を関ヶ原に引き出すことで大勝利をおさめています。逆に秀忠は真田の城ごときにかかずらわって不覚をとっている。 ということは、家康は「ワシも年ずら。敵をなんとか城から引っ張り出して、ワシの目の黒いうちに早期に決着をつけたい」と、思っている。逆にあの世の秀吉は「城から出るな。徳川の世に刺さったトゲとして生き残っていれば、いずれ家康が死んで風向きも変わるぞ」と思っている。 さあ、どうしたらいいでしょうか。

0

実際には大坂がた、が先制攻撃 したのですが。まず片桐且元が 德川に寝返ったとして大坂がたの 軍勢が片桐の本拠、茨木城を攻め 大坂城を攻める時、有力な兵站 補給の拠点になると想定される 尼崎を大坂軍は攻めますが 茨木城も尼崎も防戦し幕府軍の 救援が駆けつけた。

0

ないです。籠城戦でも勝てないのに、地の利がない野戦では尚更勝てません。夏の陣を見れば解るでしょう。樫井、道明寺、八尾若江、そして天王寺岡山……。全部、「ここをこうしていれば豊臣方が勝てた」という可能性が全くないじゃないですか。

1

ないです。 大河ドラマ「真田丸」なんか見てると、真田幸村が提案した「宇治・瀬田まで出陣して徳川軍を叩く」という戦略を採用していれば、大坂方におおいに勝ち目があったように描かれてますけど。これはドラマだから、そういうふうに描かないと話が成立しないからです。 そもそも、ちゃんとした所領を持った大名は、誰一人として大坂の味方をしていません。それは、最初から勝敗は決まっていることは、誰の目にも明らかだからです。豊臣の味方をして大坂に入ったのは牢人だけで、彼らはどうせこのままでは朽ち果てるだけの、何も失うものがない者だけです。 幸村の戦略は「遠路はるばるやってくる徳川軍を、緒戦で叩いてみせれば、いまは徳川についている豊臣恩顧の大名たちが、続々と味方に馳せ参じるはずだ」というものです。 しかし。 真田幸村は、こう言ったら気の毒ですけど、浦島太郎です。九度山村に幽閉されている間に、まったく感覚がズレてしまっている。世の中にはまだ「豊臣恩顧の大名」というのがたくさんいて、豊臣が立ち上がれば味方につくはずだ、と信じているんです。 そんなヤツは、もはや、一人もいません。 みんな、徳川幕府が統治する日本国で領国を安堵され、それぞれ満足しています。その意味では、一人残らず「徳川幕府の恩顧」を受けちゃってるんです。いまさら豊臣に天下を取り戻してほしいなんて思っている大名は一人もいません。それをみんな知ってるから、大坂が万が一にも勝つ可能性があるなんて考えてるヤツも一人もいません。「模様眺めの西国大名」なんか、いないんです。 そもそも毛利も、島津も、上杉も、べつに秀吉のおかげで大名になったわけじゃない、強いから従っていただけです。「恩顧」があるのはせいぜい福島正則、加藤清正(は死んでるので、その息子)あたりでしょうけど、彼らだって「秀頼公は、家康の保護下で名誉職として生き残れば充分だったのに、それを拒んだんだから、本人と淀殿の責任、もう知りません」という態度です。味方にはせ参じる可能性なんか、毛ほどもありません。 「遠路はるばる疲れきった徳川軍」というけど、幕府軍の主力は江戸からはるばるやってくるわけではないです。まず、東海・近畿地方の大名に動員がかかるはずで、おそらく「宇治・瀬田を抑えに出撃してきた大坂軍」より疲れていないでしょう。 とにかく、「豊臣対徳川の戦い」と考えてる時点で、浦島太郎です。関が原のときとは全く世の中が違うんです。これはもはや「幕府(天下)対豊臣」であって、最初から象と蟻の戦いなんです。 それでも大坂方は、堅牢な大坂城に籠もっていたからこそ、冬の陣の最初のころはいい戦いが出来たんです。それでも、気が変わって豊臣の味方につく大名なんか、どこからも誰一人表れませんでした。これが現実です。

1人がナイス!しています

豊臣恩顧の武士としての 最期の意地みたいなところかあって、 せめて華々しく散ろう という思いが感じられなくもないですね。 ただし実質的な総大将秀忠はいくさが下手で、 そのためにわざわざ「軍監」として 立花宗茂がついていたともされさてますね。 野戦であればあるいは 付け入るスキがあったやも、 とおもえなくもないですが。

0

真田昌幸が、もし, 生きていたら、 アノ家康も舌を巻いた筈ですね(*^^*)

徳川に一泡ふかせることは できたかもしれないですが、 攪乱して乾坤一擲の奇襲で 本陣を急襲 とかいうのは 昌幸ならやりかねない?