ID非公開

2021/7/21 10:01

44回答

今後出る6号機は4.7号機最低レベルの台にすらも及ばない台しか出ないことが確定しているんですか?

スロット89閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

少なくとも演出面やゲーム性の造りは4.7号機<6号機です。 ハード的な面や機械としての処理能力としても。 4.7号機、例えば北斗SEや俺の空、島唄なんかがありますが これが今の台と比べて良いか悪いかは断言できません。 NEW島唄と6号機のチバリヨだったら絶対チバリヨの方が人気あると思いますよ。 夢々ワールドとか初代カイジとか、別に今打ちたいとか思わないかな… 当時の台を美化しすぎですよ 6号機は出玉性能的にはかなり甘いですしね。 全国どこの店舗も、6号機は利益がとれなくて困っています。 ユーザーの感覚とは違うのでしょうが、6号機は設定1でも店側からしたら甘々すぎてかなりキツイんです。

1

そんなことはないと思いたいですが、「4.7号機最低レベルの台」の記憶を辿っていっても、6号機に負ける台が思いつきません。 機械割の問題だけではなく、ベース、コイン単価、純増速度など、ゲーム性に関する部分の仕様で差がありすぎますね。6号機は低ベース化すれば天井まで作業的に回してまとまった出玉が出てまた天井まで・・・という作業の繰り返しになりがちですし、高ベースかすれば少し飲まれて僅かに出ての繰り返しでダラダラと長時間かけてマイルドに負ける仕様になりがちです。結局は勝率の問題では無く「つまらない」というゲーム性の問題ですね。 これから導入を控えているディスクアップなどが、勝ち負けに関する増減幅などは置いておいて、ゲーム性の部分だけは面白いと言える機種に仕上がっているならまだ光明はありますね。4.7号機でクソツマラナイ機種は沢山ありましたので、メリハリや出玉感の部分では勝てなくてもゲーム性の部分で優る機種を作ってほしいです。有利区間が問題にならないディスクアップのような機種ならまだ希望はモテると思います。区間出玉規制をどれだけ上手にクリアして出玉の波を作れているかがキモですね。ディスクがダメなら本当に絶望だと思います。

1人がナイス!しています

出玉性能が高い、機械割が良い、勝率が高い・・・といった要素はちょっと違うんですよね。1日12時間8000回転打って純増1000枚がやっとの6号機高ベース機などが仮に甘めに見て勝率6割を維持するとしても、2時間で5000枚余裕で出る4.7号機、勝率3割の台を並べたら、夕方から打つサラリーマンはほとんどの人間が辛いハズの4.7号機を打ちますよ。店も儲かる、客も楽しめる、でwin-winな形になります。 6号機は区間出玉規制のうち、主に下限規制のせいでハマりと連チャンの波を上手く作れないという大きな欠点を抱えています。2400枚規制だけならなんとでもなりますが、下限規制のせいで店も儲からない、客もダラダラと長時間打ち続けるのが苦痛すぎる、という誰も幸せにならない状況に陥っていますね。

0

そんなことないですよ。 4.7号機って全体的に辛い機種が多かったので、機械割114.9%までなら作れるのだから最低レベルの台よりは上です。 取り巻く状況が違いすぎるので、比較は難しいですが、スペック上は少なくともそんなことはありません。