ID非公開

2021/7/22 14:56

88回答

中学3年女子です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんご意見ありがとうございました! 女性と男性との違いを知り、護身術について、又は自分の身を守るということについてもう少し深く考えてみることにしました。 私が例として出した以外にも、聞いたことのない種目が出てきました。 護身術というものには、たくさんの種類があるんだなと気付かされました。 その中で、自分で調べてみたり、親と相談して決めることにしました。 本当にありがとうございました!

お礼日時:7/29 3:24

その他の回答(7件)

0

よい心がけと思いますよ。護身術として教えている道場なら、どれでもかまいません。

0

女性なら一撃必殺はむずかしいので 剣道か合気で棒を近くに置いておくのが一番安全かと思います

0

剣道。強くなったら、すぐ抜ける袋に入れて木刀を持つ。あくまでも強くなったら。

0

田舎の小さな道場で古流の柔術を稽古しています 身を守るってかなりハードルが高いですよ 例えば、相手が殴った来たから避けて殴り返したりしたら、こちらが傷害罪で訴えられます まず殴らせて、反撃をしたら「喧嘩両成敗」で下手をすれば双方に前科がつきます 武器を使う相手が複数いたら、考えられないほどの実力差が無ければ、ほとんど身を守れません 日本の法律はとても厳しいので、身を守るのと過剰防衛の区分が簡単ではありません 警察沙汰になれば、学生なら退学、社会人ならクビを覚悟しなければなりません 私は前科者になりたくありませんから、あからさまに戦う事はしません しかし、因縁をつけて暴力を振るいたいと考える者は存在しますし、理不尽なやり方で関わってくるのも事実です 私も実際に因縁をつけられた事が何回かあります 基本的に腹筋は好きなように殴らせます 痛がったふりもして、満足して離れてくれれば上々です しかし、しつこく暴力を繰り返す者もいます 急所を狙ってくる者もいます そういう時には、相手の拳や蹴ってきた足の甲を狙って肘や膝をぶつけます まさか、殴ったら拳を怪我したから・・・なんて訴えても相手にされないからそういう方法を選んで切り抜けた事がありますがこれはあまりいい方法ではありません 最良の方法は「身を守らなければならないような事態を回避する事」です 武術は、本気で使えば命に関わる戦いになります あなたが命がけで何をやるのに適しているかなど、あなたの事を何も知らずに無責任に断言できるはずもありません 近隣の道場に体験入門して、自ら判断なさってください

0

いや、女性でも素人の男性程度なら多少の体格差があっても一瞬で片付きますよ。 まず、パンチやキックの破壊力がちがいます。 合気道はよほど熟達しないとあまりうまく使えません。 この中でオールマイティで実践的、技に拡張性があり他の技術を組み入れたり、反対に他流で活かしやすいのは空手ですね。 MMA系や総合系の空手が良いです。

格闘技の経験があるか体を鍛えて筋肉の鎧がなければ、素人さんなら話になりません。 人間の脚の筋肉は一日中立っていても全身を支える力がありますが、人間の腕はなかなかそこまでの筋力はつきません。 体が柔らかい分、女性の蹴り技は器用で強力なのです。 また十字固めでもそうですが、脚の力でロックすれば、よほどの腕力差がないと抜けられません。 合気道系の関節技は、敵の親指を殺さないとなかなか掴まれても技だけでは投げられない事もよくあります。 (自分が上手くないからでしょうが) また未経験者はすぐにその武術名で分けたがりますが、人間は体の仕組みが同じである以上、その武術が正解というものがなく、多くの熟達者がその武術だけでは習得できない技術を別の武術で学びブレンドします。 その場合、空手は先程申しましたオールマイティ性が高くブレンドしやすいのです。 ただ、空手はピンキリでクソの役にも立たないないのも。