年金受給について教えて下さい。

年金206閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

【特別支給の老齢厚生年金を受ける場合】 報酬比例部分と65歳からもらう老齢基礎年金を全部63歳からの受給に繰り上げることになります。 しかし、老齢厚生年金の繰り上げ受給をしてしまうと、障害年金の請求権は無くなってしまいます。 繰り上げ支給は、基礎年金部分を同時に繰り上げないといけないため、本来 65 歳から受け取るはずの基礎年金部分も 2年分繰り上がってしまい、基礎年金は 12%の減額になります。 2022年4月からは1か月に付き0.4%減額率になります。

0

国民年金は、支給されるときは、老齢基礎年金と名称が変わります。 繰り上げに伴う、支給調整に関しては、ご認識の通りです。 老齢基礎年金は、24ヶ月分だと、12%カットになります。

1

前の回答間違っています。 老齢厚生年金を繰上げる時は、老齢基礎年金も一緒に繰り上げなければなりません。従って 老齢厚生年金は1年繰り上げた額に 老齢基礎年金は2年繰り上げた額に なります。

1人がナイス!しています

0

あなたは、 64歳から「特別支給の老齢厚生年金」がもらえます。 65歳から「老齢厚生年金」と「老齢基礎年金」の2つの年金がもらえます。 しかし、63歳から「老齢厚生年金」をもらうと、「特別支給の老齢厚生年金」はもらえなくなり、12%減額された「老齢厚生年金」がもらえます。 「老齢基礎年金」は、65歳からもらうことも、12%減額されたものを63歳からもらうこともできます。あなたが選択できます。