回答(13件)

2

大坂なおみ選手の事が嫌いという訳ではありませんが、何だか気持ちが晴れない事も確かです。57年ぶりの日本開催である事も考えると、もっとしっくりと来る人物がいると思います。4大大会の活躍は認めます。しかし何かと騒動を起こしている印象があり、それと実績を天秤にかけた場合に騒動の方が重くなってしまう様に感じます。確かにスターではありますがスーパースターではない気がする事は否めません。最終ランナーはもっと万人受けするキャラクターの持ち主の方が適任だった気が致します。ゴルフの渋野日向子選手や結果として残念な事になってしまいましたが過去の実績からすれば体操の内村航平選手などの方が最終ランナーとして相応しかった気が致します。 もっとも、この人選が開会式の権限をMIKIKO氏から奪い取った電通の選択であったとするならセンスの無さを世界に公表した様なものです。日本開催の五輪でこんなにもひどい開会式が行われたという事に悲しみを覚えます。 大阪なおみさんは立派なテニスプレーヤーです。しかし古い思想の日本人の間では肌の色を気にする人もまだまだ多いと思います。また黒人襲撃事件への抗議を示すマスク着用などに違和感を覚えた日本人は少なからずいたと思います。 他の開会式出演予定だった方が直前で辞退したという事も聞いております。他に頼める人がいなかったかもしれません。だったら総理か東京都知事でもよかったのではないかと思います。

2人がナイス!しています

0

そうでしょうね そんなこと言っている人なんてほんの一部でしょうが、理由をつけて正当性を盾に叩いているだけですよ

1

村八分的な考えを持っている人間が多いからです! 日本人としての精神がないとか言ってますが逆ですよ! 聖火を受け取ったときに思わずお辞儀をしてしまう仕草などに自然に現れています! 逆に日本人の精神のかけらもない物事の本質がわからない人達が言っているに過ぎません!

1人がナイス!しています

1

少し回りくどい答え方になるけれど… 断定して言うけど大阪なおみを叩きたいわけじゃない。 あの子は誰もが認める結果を出してて素直にすごいし、日本の国籍を持ってるという事も素直にそうかと受け入れるし、日本国籍があり日本代表としてオリンピックに出る…という事にもそこらはなにも否定はしない。 大阪なおみ自身は、あの子は何も悪くない。 あの子はただあの子らしくあるがままのあの子があるだけ。 ただ「なぜ彼女を最終ランナーとして、最終点火者として選考委員は選んだ??」というオリンピック委員の選択に大きく疑問を抱くだけ。 それもSNS時代という今の時代にあって、もともと彼女の事が大好きだったはずの多くの日本の人達が、本当に日本が好きなの?とか、日本人達が「私達の仲間だ!」とか「俺たちの代表だ!」と胸はって誇って言えるような…そんな日本人の精神性や文化性って持ってるのか?あるいは日本人というものに対して、あるいは日本の文化性や日本の精神性へのリスペクトってあるの?って部分に… そこに疑問に思うような…彼女の嗅ぐわしい?行動や言動があるのを見て知って… そういう彼女の事を、以前は好きだったし素直にすごい!と思ってた人ももう素直に応援したい気持ちもなんかあんまり持てない…そんな人も多々生まれてる「そんな現状がある中で」… なのにそこで「なぜ彼女が????」となってるだけ。 好きか嫌いか??? 個人的には「あんまり好きではない」だね。 そこは彼女自身の行動や言動からそうなった。 以前は私も素直に「すごい」ので好きだった。日本が好きだとも言ってたし。たとえ日本語をうまく話せなくて英語しか話せなくても。たとえ日本に住んでなくて日本で育ってなくても。 今も「嫌い」ではない。 嫌いなら日本人代表として出場するのにも嫌悪感と疑問を持つ。 でも「国の、日本人達の最終ランナーとしてふさわしいか??」には、昨今の彼女自身の行動や言動に疑問は持つっていうもの。 「(今は)鬱だから」というのもあるかもしれないし… 選考委員にとっても「彼女に依頼した時(1年前)はみんな彼女の事好きだったじゃん…」というのもあるかもしれない… けど、SNS時代で情報の流れが速く人気不人気がコロっと変わる、あるいは世の中の世情がスピーディーに変わってしまう昨今にあって「なぜ彼女が???」という結果になってしまったり、「なんで彼女が最終走者なの?」と思われてしまうのは… 「今はそういう時代なんだ」という事にまるで対応出来ていない…彼女を選考しそのままにしたオリンピック委員会が全て悪い。

1人がナイス!しています

2

まさに適任です。世界の人が知っている有名な女性アスリートといえば、今は大阪なおみさんだから。ちっとも疑問には思いません。

2人がナイス!しています