ID非公開

2021/7/24 20:02

33回答

日露戦争の戦いで「日本海海戦」と「奉天会戦」が特に有名ですがが日本海海戦より奉天会戦の勝利の方が凄いことですよね?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました(^_^)

お礼日時:8/2 17:37

その他の回答(2件)

0

もちろん「日本海海戦」ですよ。その理由は云うまでもない。 艦隊決戦で、日本が生命線の【制海権】を失えば『兵員・弾薬・物資の海上補給路』は絶たれ、大陸の【日本陸軍】は、孤立する。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89#:~:text=%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89%EF%BC%88%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%82%8D,%E6%88%A6%E3%81%8C%E7%B9%B0%E3%82%8A%E5%BA%83%E3%81%92%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82 肉を切らせて骨を断つ、捨て身の東郷ターンでバルチック艦隊に挑む連合艦隊。

画像
0

どっちが凄いかに余り意味はありませんが、奉天会戦は確かに日本の勝利ですが、圧倒したわけではありません。 奉天会戦のロシアは戦略的撤退に近い。 ロシアは、伝統的に敵を内地に引きずり込んで、敵の補給線が伸び切ったところで、反撃を開始する作戦が得意で、広大なロシアの大地と、極東まで繋がったシベリア鉄道があるからこそ可能な作戦でした。また、ロシア陸軍内の問題で撤退した側面もある。 実際、ロシア陸軍はまだ継戦能力は残っていました。 日本軍は補給線が伸び切ってしまい、それ以上ロシア軍を追撃する能力はありませんでした。 一方、日本海海戦の戦略的重要性は高いです。仮に海戦で負けた場合は、日本の補給路は完全に絶たれます。戦争自体不可能になります。そもそも、日本海軍は1つの艦隊で、ロシア東洋艦隊とバルチック艦隊の2つの艦隊を倒さなければなりませんでした。 困難なミッションですが、東洋艦隊を再起不能にし、さらにバルチック艦隊を完膚なきまでに叩き潰しました。 偉業と言ってよいでしょう。 ただ、ロシアはやはり、陸軍国であり、海軍よりは陸軍に自信を持つ国です。その陸軍に勝ったのだからやはり奉天会戦の勝利も偉業と言ってよいでしょう。