サーモンは、皆さんが大騒ぎするほどうまいとは思えません、 ふつうの寿司やさんには、サーモンがないのは、握りのネタとして適切ではないと考えられてるからでしょうか?

料理、食材 | 飲食店71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(11件)

0

まあ個人の好みですが、私は寿司ネタとしては余り評価しません。

0

サーモンで大騒ぎしている人は見たことないなぁ。 みんな好きってだけで、別に大騒ぎなんてしてないですよね。 サーモンにはアニサキスが高確率で寄生しています。 ですから、昔は鮭は寿司ネタになりませんでした。 今は冷凍技術がすすみ、一度鮭を冷凍してアニサキスを死滅させ、その後細胞を損なわず解凍できるので、寿司ネタとして使えるようになり、その滑らかな舌触りと甘い脂で人気になりました。

0

大騒ぎではなくて、万人受けするから メニューにあるのでは? 売り上げに影響しますし。 普通の寿司屋さんにもサーモンは ありますよ。 「握りのネタとして適切」って? 誰の、誰のための、どういう基準か 詳しく知りたいですね。

0

最近では結構な高級店でもサーモンがあったりしますよ? 個人的には脂の風味が下品で寿司ネタとしては余り好きでは無いですけどね('_'?) 因みにマグロにもそれほどの執着はありません サーモンもマグロも嫌いでは無いですが、別に食べなくても良い程度の存在ですね(^_^)

0

大騒ぎはしていないと思いますが、美味しいですよ。 古式に拘る寿司屋には置いていないかも知れませんが、普通の寿司屋では結構見掛けます。 アニサキス不在で生食可能な輸入養殖サーモンが一般化したのはここ30年くらいで、それまでは鮭の生食は禁忌でしたので、特に高齢者に抵抗のある人が未だいるだけだと思います。 鮪トロが寿司ネタとして認知されたのは、冷蔵輸送、保存技術が進化、更に日本に西洋料理が広まり、脂濃い食べ物に慣れ始めた1920年代以降と聞きます。 それ以前は、劣化が早い上当時の日本人にとっては脂が強過ぎる為寿司ネタにはならず、ねぎま鍋の具材程度にしかならなかったそうです。