ゆうちょ銀行の手数料の改定を2022年1月17日に実施することが新聞記事などで話題になっていますよね 何故、銀行の手数料を改訂しなくてはならなくなったのか理由が分かる人いますか?

貯金 | 税金750閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

私が考える内容としては マイナス金利政策とかで収益性が悪化 で銀行は手数料を取れるところからとことん取るぞ主義が基本なので 大幅な手数料の引き上げなどを行って小銭を稼ぐんです。 ゆうちょ銀行は ATM時間外手数料とかの概念がなくいままで夜中でも手数料が無料 昔で言う新生銀行と同じようなことです。 でATMを維持するのにも膨大なコストがかかります。 世の中都市銀行とかのATMは減少傾向に対し ゆうちょ銀行はセブン銀行と匹敵するほどのATM台数を抱えています 例えばここから急に1万台削ると行っても 全国規模にある郵便局からじゃあATMをけしますか?といったら 無理な話になります。窓口の負担がへるからATMがあるのに ATMの台数がへれば全くの逆効果 わかり易い例が 両替手数料 10枚以上の両替は550円など こうゆうことに手数料を設定して、なんとかして小銭=手数料収入を なんとかして増やすことをしました。

硬貨が使える ATM というのは 無駄にハイスペックにしないとお取り扱いができないんです 紙幣と違って硬貨にはスペースがあまりないので極端に硬貨を大量に入れまくられるますと キャパオーバーになって止まります 紙幣と違いまして硬貨結構詰まりやすい原因にもなっています でつまりなど発生した場合 ATM を止めて原状回復しないといけないのでその間 ATM が使えなくなって顧客にも迷惑かかる そして復旧費用にも人件費などがかかる その対応がもうめんどくさくなったなので銀行で ATM による硬貨の全面の取扱い廃止や 口座入出金での取扱廃止など 硬貨の取り扱いを止めてやるという銀行が増えてきました

0

色々あると思いますが ・収益の関係? ・ATMの保守管理料を抑えるため? ・キャッシュレスの推進 ・硬貨の管理作業の軽減