ID非公開

2021/7/26 0:53

22回答

私は人から褒められるのが苦手です。 容姿だったり能力だったり....何に関してもです。 幼少の頃から父親から散々容姿いじりをされてきました。 もちろん良くは思わないけれど、特別嫌というわけでもありません。よ

補足

学校の成績や体力テストの結果など、数値が見えるものは自分が納得しているので割と容認できます。「評価Aだったんだね!」「学年で〇位だったんだね!」と言われても、事実を述べられているだけなので何とも思いません。そこにプラスで「凄い!」と言われるのが嘘っぽくて嫌です。 また、自分が他人を褒める時にも事実を前提に「成績良くていいな、羨ましい」と自分の気持ちを素直に言います。「凄いね」だと相手にそれを押し売ってしまっている気がして....。「いいな」「羨ましい」「尊敬してるよ」という言い方なら、相手を上げず自分を下げているのでいいかなぁ、と。そもそも仲の深い友人には最初から「褒められるの好き?」ということをそれとなく聞いています。流石に自分のわがままを聞いてもらうのに相手の気持ちは無視できません。

恋愛相談79閲覧

ベストアンサー

0

> 「凄いね」だと相手にそれを押し売ってしまっている気がして....。「いいな」「羨ましい」「尊敬してるよ」という言い方なら、相手を上げず自分を下げているのでいいかなぁ、と。 その辺りは受け取る人の感覚によると思います。「凄い」は嬉しいけど「尊敬してるよ」は嫌と言う人もいるかもしれません。なので、その辺りをうまく伝えるのは難しいし、「これは嬉しい!」「これは無理!」と全部共有するのも無理があるので、ある程度のところで妥協するしかないです。

その他の回答(1件)

0

やはり、人と関わってしまう以上褒められることは避けられないことだと思います。平凡に生ていたら誰しも普通に褒められます。そして、褒められるのが嫌だと、自分も褒めることができない、つまり将来子供ができたときに褒めてあげられない、褒め方がわからないとなってしまうかもしれません。今大丈夫と思っても実際その場面なったとき対処できません、なので社会生活上で褒められないことは不可能だと思うので褒められることを避けるより、慣れる又はそれを自分の勇気に変えるなどの方法をとった方が良いと思います。でもどうしても褒められたくないのでしたら、同じことを継続しましょう。たとえばあなたの例にもあった通り、髪型でしたら同じような髪型で生活したりなどでしたら特に変化がなければ褒めることは無いと思います。 相手にわかってもらうということですが、私からしたら褒めてくれるような友達がいることがとても幸せだと思います。でも本当に嫌なら、正直に伝えるしかありません。なぜなら相手に悪気はないからです。悪口ではないのになぜ辞めなきゃいけないのか。となると思います。でも私は思います。自分や相手を褒める、褒められることはコミュニケーションにおいてとても大切な行動の一つです。相手もあなたと話を膨らませたりするためにそう言った行為をし、展開させていきます。褒めるに対しての考え方を変えてみるのも良いのではないでしょうか。