回答受付が終了しました

アパレル大手「アダストリア」が健康保険組合から脱退するとの記事がありますが、脱退すると医療費とかどうなっちゃうんでしょう? また、脱退のメリット、デメリットってなんでしょう?

回答(4件)

0

推測ですが、1.東京ニットファッション健康保険組合から離脱し、同社が新しい健康保険組合を設立する、2.東京ニットファッション健康保険組合から離脱し、全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入する と思います。どちらの場合であっても公的医療保険は切れ目なく、継続すると思います。規模は小さくなるので、景気さえよければ、被保険者の保険料の負担率を下げたり、独自の付加給付金制度を設けることは可能です。以上、ご参考まで

0

会社独自の健保がなくなり協会けんぽに鞍替えするだけですから社員には損得はありません。 会社としては拠出金をださずによくなるので財務状況が改善します。

0

報道をみると 自社(および自社グループ)の健保組合 設立の意向だそうです 医療費の3割負担、高額療養費、傷病手当金は 全部一緒です 保険料率。福利厚生、付加給付などは、組合毎に違います。

0

脱退したら国民健康保険というわけにはいかないので、別に加入できるような健康保険組合が見つかればそちらに加入、すると思います。 なければ全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入で。 さすが自社の健康保険組合を作りはしないかもしれませんが…。 どこに加入しても今まで通り3割負担です。 下記リンク先の記事には「割に合わない保険料負担を強いられながらメリットを享受できなかった」と載っているのと、他にも不満があったようなのでメリットがあっての脱退ではないかもしれませんね。 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.yahoo.co.jp/amp/articles/a49aca743c13b2ffc3ec030e2738a80c53ec79e8%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D ただ、健診の提携機関が首都圏に集中していて不便だったようなので、脱退して別の健康保険組合に加入して解消できればそれがメリットかもしれないですね。 と言っても全国健康保険協会だと保険料が上がる可能性がありますが…。