新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/7/26 11:42

99回答

母から突然、

家族関係の悩み | 宗教107閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんのご回答を頂いたのですが、話し合うという意見に共感したので選ばせていただきました! ご回答してくださった皆さん、ありがとうございます!

お礼日時:7/30 12:55

その他の回答(8件)

0

おそらく宗教関係でしょうが、どのような因果関係で起こっているのか、教義(内容、主張)通りの現象なのかを説明してもらえば矛盾が出るでしょう。 破滅的な思想そのものが不幸の原因だということに気付くべきです。

0

SEKAI NO YAMINO OWARI❗ (>_<)きゃ~八墓村より恐い❗ ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル❕ お手ての手と手を合わせて幸せ❗ 南~無~❕妙法蓮華経❗❕❗ ★失礼ながら最高の題目❬南無妙法蓮華経❭でも宗派に依りピンキリが有るのは事実の様です。 ☆オマケ☆ 手のシワとシワを合わせ、 シワわせに。(*⌒∇⌒*) 手の節と節を合わせて アーメン(不幸せ)

0

約2千年前に聖書を書いた人達は 今、生きている人(の一部)が生きているうちに 終末やキリストの再臨が来ると書いています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11205095471?__ysp=44OP44Or44Oe44Ky44OJ44Oz44CA5oCd44GE6L6844G%2F ジェームス・ランディ氏によれば、 今まで少なくとも次のような年が「世の終わる時」である、と 予言されていたといいます。 西暦1世紀、992年、999年、1033年、1186年、1260年、1524年、1532年、1533年、1537年、1544年、1572年、1584年、1588年、1624年、1648年、1654年、1665年、1666年、1704年、1719年、1736年、1757年、1761年、1774年、1801年、1814年、1843年、1874年、1881年、1936年、1914年、1947年、1953年、1974年、1975年、1977年、1980年、1980年代、1996年・・・ (James Randi, An Encyclopedia of Claims, Frauds, and Hoaxes of the Ocucult and Supernatural, St. Martin's Griffin, 1997) 懲りない人々は、これからも、「次こそが、次こそが・・・」と 言い続けることでしょう。 もちろん、これらの予言は外れました。この例のような、 人類史の中の数々の終末予言を全て集めてて研究すれば、 次の2つのことがわかります。 (1)過去2千年間、多くの時代が誰かによって 「世の終わり」と予言されていた。 (2)過去2千年間、それらの全ての終末予言は外れた。 (的中率0%)。 一般に、予言の時期というのは、都合の良い時期になっているものです。 何百年も先だと、人々の興味を惹きつけないし、あまりにすぐ近くだと すぐデタラメであることがバレてしまう。そうなっちゃうと、 本を買ってくれる人もいなくなるし、また、救いを求めて 宗教に入信する人もなくなってしまう(教団が成り立たない)。 そこで、そこそこの未来に時期が設定されているのです。 しかも、十年ほども経てば、誰も、その年が「世の終わり」として 予言されていたことなど、忘れてしまっているか、あるいは、 新しい予言書が出版されて、「本当の終末は〇〇年である」などと、 言っているかもしれません。 あまり先でもなく、あまり近くでもない、十年以上~数十年~ というのが全ての終末予言の特徴です。 そこには、予言する著者や宗教家たちの事情があるわけです。

0

母の職場でも、4.50代の人達の間で一斉にコロナ関連の陰謀論が広まってるそうです。母も少し影響されてて、内心笑ってしまいました。(いつも、自分はその人達とは違うんだ!みたいなこと言ってたのでw)

0

話しをしてみる事をですね。 新興宗教?って感じもするし、単なる都市伝説とか陰謀論とかかも知れないし。