ダイの大冒険 連載当時、子供だった読者はアルキード王を 器の小さい無能な王だからバランが悪の道に 行ってしまったと考えていたけど

コミック77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:8/1 12:38

その他の回答(3件)

1

バランがソアラと懇意にしてるのは知ってたろうし、 家臣の讒言を鵜呑みにしたアルキード王のせいです。 バランを追放したりしなければ、ソアラが出ていくこともなかった。 >バランがヴェルザーを倒したことを >王が知ってるかどうか次第です 知ってたら、家臣の讒言を信じたりしません。

1人がナイス!しています

1

考えすぎです… 私もリアルタイムで読んでたので、もういい大人になりましたが、そんなことは全く思いません。 アルキード王は、人間の愚かさと弱さの象徴です。 理解するとすれば、人間は弱い生き物だということが大人になって身に染みるということくらいでしょうか… バランやソアラに非があったなんて、作者にもそんな意図は全くありませんよ。

1人がナイス!しています

1

バランがヴェルザーを倒したことを 王が知ってるかどうか次第です 知っていて迫害したのならクズです 知らなかったのなら、気持ちがわからないわけでもないですが 死刑しようとしたのは、やりすぎです

1人がナイス!しています