回答受付が終了しました

東シナ海って水深平均で百五十メートルぐらいですか?そんなに浅いのなら潜水艦なんかすぐ探知できるのでないですか?

回答(5件)

0

沖縄トラフのように、2000mぐらいの水深がある場所もある訳でな。

画像
0

大陸棚の部分はそれより浅いです。しかしそれを過ぎると1000mくらいにまで深くなります。日中の防空識別圏はお互いの本土から丁度真ん中のところで分けられているので、平時だと日本の哨戒機は大陸棚で中国の潜水艦を発見してしまいます。そのため中国の潜水艦が太平洋に出ようとすると、毎度毎度いとも簡単に見つけられて恥を晒すことになります。しかし戦時の場合、防空識別圏ギリギリに哨戒機が出て行くわけにいきませんから、そうすると深くなった東シナ海で、海自が中国潜水艦を確実に見つけられるかどうかは定かではありません。 浅くなれば浅くなったで反響などがあり事は簡単ではないとの指摘があります。確かにそうです。しかしだからこそ日頃から海底地形・海流を把握し、ここでこのように聞こえたら音源はどこにあるという分析を行っているわけで、聞こえたら後はどうにでもなりますね。 もっともそれは敵潜水艦を見つけるまでの話。見つけた後にそれを駆逐しようとすると、これまでの対潜魚雷では浅深度の潜水艦に対して心許ないものがありました。そこで新しい対潜魚雷が開発されたのですが、日本では12式魚雷がそれに当たります。配備は「あさひ」型からなので、まだ配備され始めたばかりの最新鋭です。これでどれくらいまで浅深度の潜水艦に対応できるものなのか。。。

0

海底の場合は地形が重要です。そんな単純い平均値思考ではお話になりません。 https://www.spf.org/islandstudies/jp/info_library/senkaku-islands-03-ocean--03_ocean001.html 日本海溝やマリアナ海溝、その溝はどこにあるのか知らないのかな? そしてその海溝はなぜあるのかな?海溝は地震発生と大きな関係があるけど、その辺わかってないのね。

0

浅海域は、音が乱反射(海底や海面)するから潜水艦の探知は難しいですよ 潜水艦を探知するためには潜水艦から発生する音を探知する必要があります