浄土宗 法然上人は讃岐の国に追放されたのは一体何故でしょうか。

宗教 | 日本史27閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事どうもありがとうございます。

お礼日時:8/1 8:50

その他の回答(3件)

0

>男性を自分の不在中に御所内に泊めたことを知った後鳥羽上皇は憤怒 これがいちばんの理由だと思います。 承元の法難 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E5%85%83%E3%81%AE%E6%B3%95%E9%9B%A3 >念仏会に院の女房らが参加した[5]。『愚管抄』によれば、彼女たちは安楽房の説法を聞くために彼らを上皇不在の御所に招き入れ、夜遅くなったからとしてそのまま御所に泊めたとされている。彼女らの中に出家をする者があった >松虫と鈴虫が出家し尼僧となったことに加えて、男性を自分の不在中に御所内に泊めたことを知った後鳥羽上皇は憤怒し、建永2年[注釈 4](1207年)2月、専修念仏の停止を決定[注釈 5]。住蓮房・安楽房に死罪を言い渡し、安楽房は六條河原において、住蓮房は近江国馬渕にて処される[注釈 6]。その他に、西意善綽房・性願房の2名も死罪に処される[注釈 7]。 >同月28日、怒りの治まらない上皇は、法然ならびに親鸞を含む7名の弟子を流罪に処した。

0

阿弥陀如来は一般民衆をも救済するという、 浄土教の教えは、貴族のための南都北嶺の旧仏教から見たら、 目障りな存在であり、南都北嶺サイドが朝廷に圧力をかけて、 法然の教えは、仏の教えに背く邪教だとされて、罰せられたのです。

0

1206年頃、 後鳥羽上皇の怒りに触れ、還俗させられて藤井元彦の名で、 土佐国へ配流のところ、讃岐国へ配流になった、、、、、、