ID非公開

2021/7/27 17:44

44回答

昔欧州が世界の中心だった頃はイギリスやらがそこら中に植民地を作っていた時代、なぜ日本は見つからずにやり過ごせたのでしょうか。

世界史39閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

南蛮貿易の時にイギリスは日本と貿易してますよ。 オランダ商館の隣にイギリス商館があった時代もありました。 ただ採算とれなくて撤退しただけで。 ビジネスというのは儲けが無いと成り立ちません。 日本という極東の端っこの端っこの国まで行くコストを考えたらそれなりの儲けが出ないと話にならんのです。 南蛮貿易時代は火薬の原料の硝石と弾の材料である鉛が売れましたがそれも大阪の陣まで。 イギリスは毛織物の産地でしたが日本ではまったく売れませんでした。 ちなみに女の裸の絵は日本でも割と売れたらしい。 一方で日本の春画買って帰って逮捕されそうになったイギリス人船長がいる。 エロの需要は世界共通。 なおオランダは日本に砂糖を売りつけることで儲けを出していました。 輸送コストがかかるので世界一高い値段だったそうです。足元見やがって。 この美味しい貿易(二重の意味で)をオランダは独占して富を得たのです。 しかし帝国主義時代になると日本という市場と港を欲して欧米列強国が進出してきましたが、その時にはもうオランダにはもう他の国を排除する力はありませんでした。

0

日本は見つかってましたよ、だから鎖国したんです そして位置も重要です、朝鮮半島の先は大国ロシアですから。 鎖国と地理的要因で植民地化しなかったんです。

0

アメリカ大陸に移住しているんです。そしてそのアメリカと戦争になりました。アメリカが片付いたら、ナポレオンが現われヨーロッパをひっくり返す大戦争時代を造りました。 インド以東は、行けば行くほどジャングルが濃くなる熱帯雨林です。その先が中国という大国で、さらに向こうの島なんかもうどうでもいいですよ。