R134a 冷媒(自動車)の補充を行いました。 真空ポンプとマニホールドゲージを装着しました。 車両は、エアコンの冷えが多少落ちている状態 サイトグラスは、泡が常時ブクブク出ている状態

車検、メンテナンス | 車検、メンテナンス62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

全て大気開放されました。。。 ガスが残っているときは真空引きは必要ありません。 ガスを抜きたいときは回収装置が必要ですが高価なので業者に依頼するのが手っ取り早いです。

1人がナイス!しています

1

R134a 冷媒(自動車)の補充を行いました。 目安・・・・・・・・ ゲージマニホールドを 車輛・高圧配管・低圧配管に エアコン配管接続後 エンジンを始動 エアコンを全開・最大状態作動 外気導入・窓を全開 「エンジン回転を~2000回転保持」 (アイドリング回転数では計測しない事) 低圧側で「約1.2~2.6㎏/㎝2」・青配管圧 高圧側で「約13.0~17.0㎏/㎝2」・赤配管圧・なら、 エアコンガスはエアコン配管内に「適正許容範囲」 (猛暑日は高圧側で25㎏/㎝2~を超える時も) 質問提示内容・添付画像・・・・・・・・・・ご参考になれば ・・・・・・・添付画像・拡大が可能です

画像

1人がナイス!しています

1

真空ポンプは ガスが完全に抜けて圧力ゼロになっている または 部品を交換のため配管を切り離した時に使うものです(-∀-`; ) ガスが配管内に有るときは 配管内の圧力の方が外気より高いので 空気は中に入りませんので ガス缶を繋ぎ エアパージしてから ガスを充填するだけです ガスが残っているときに 真空ポンプにすわせたら最悪ポンプ破損します(-∀-`; )

1人がナイス!しています

3

よくポンプが壊れなかったと思う。 業界なら回し蹴り食らってもおかしくないレベルだよ。 エア抜きはそれでもアリだけどレシーバーの水分除去ができないよ。 R134aはガス量にシビアだから外気温が高くなるとカチカチするんじゃないかな。 素人がエアコンガス補充でゲージとポンプを買ってたらディーラーで修理した方が安上がりなんじゃない?

3人がナイス!しています

1.5万で道具が揃うので、1回で元が取れます。その他、パイプベンダー、カッター、フレアツールと付くので、今後の役に立つかと。エアコンの冷媒抜き取りはやらないで、真空引きしている人多いのでは?YouTubeでは、見た事ないです。