年金は毎月15日に入金がありますが、 14日に亡くなった場合は年金は入らないと いう事ですね? それとも月をまたぐと入金の対象になるのでしょうか? 例)8/14に死亡

年金117閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただきありがとうございました。

お礼日時:7/29 22:18

その他の回答(4件)

0

今年は、8/13に振り込まれています。 もし、8/14・8/15が平日だとしても、役所が死亡確認できるのは早くて2・3日後。 それまでに、医者に死亡診断書を書いて貰ったり、葬儀社の手配などで、通常、役所には、葬儀社が火葬の許可証を取りに行くついでに、死亡の届も出します、故人が年金機構にマイナンバーの届を出していれば、その時点で年金機構が死亡をしります。 よって、8/10以前の死亡なら、年金の振込をストップ出来るかも知れません。

0

6,7月分である8/15支給分は、本来なら口座凍結になり、 未支給年金として、遺族が請求可能です。 8/1に存命なので、8月分は未支給年金として請求可能です。

1

8月死亡なら8月分の年金まで支払われます。8月分は日割りでなく1ヶ月分丸々支払われます。

1人がナイス!しています

0

年金は、前の2ヶ月分が払われているのです。 奇数月と偶数月の分だったかな。 なので、年金事務所に電話して予約して、手続きに行けば、その月に支払われるはずだった残りの年金は、相続人代表者が受け取ります。 亡くなった月のぶんは日割り計算になるかもしれない。そこは忘れました。 代表者の口座に入るのは、すぐじゃなくて、2~3ヶ月たってから。

つまり、8月に入る分は、6月と7月のぶんの年金です、ということです。 たぶん2ヶ月に1回支払われていると思うんですが。