フリートウッド・マックが77年に発表したアルバム「RUMOURS(噂)」についてなんですが、全米では31週にも渡ってビルボード1位で、全英でも1位、

洋楽 | シニアライフ、シルバーライフ199閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

有難うございます。 イーグルスが人気だったと言うよりも「Hotel California」が人気だったと言うべきかもしれません。ギターが好きな友達は必ず弾いてまし、普段余り洋楽が流れないAMラジオでも、「Hotel California」とジャニス・イアンの「ラブ・イズ・ブラインド 恋は盲目」は、同時期によく掛かっていたのを覚えています。ですがフリートウッド・マックを聴いた覚えは全くないんですよね。私は特にその頃音楽雑誌も読んでたわけではないので、情報に乏しく、兎に角アメリカは極端としても世界程「Rumours(噂)」が日本でヒットしていたとは思えなくて。この差は何故なんだろうと疑問を抱いているわけです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんどうも有難うございました。

お礼日時:7/30 11:55

その他の回答(5件)

0

無視されてないですよ。 普通に皆さん聴いてました。 独断と偏見に満ちた 根拠のない記事に 翻弄されないように願います。

それなら私が当時聴いていたAMラジオでも流れていないといけないのですが、イーグルスの「Hotel California」やジャニス・イアンの「ラブ・イズ・ブラインド 恋は盲目」は流れていたのに、フリートウッド・マックの「Dreams」は流れていませんでした。 フリートウッド・マックも、本格的に洋楽ブームになった数年後に人気が出たけど、リアル・タイムでは一部のファンだけではなかったかと思うのですが。

0

日本ではまるで無視されています。←これは誇張されてますね(笑) 確かにホテル・カルフォルニアがあまりにもヒットしたのでその後塵を拝する形になりましたがラジオやMTVではよくお目(耳)にかかりましたよ。そこそこはヒットしていたように思います。当時はロックよりもジャズ・フュージョンに傾倒していたので記憶に自信はないですが・・

有難うございます。 ラジオはやはりFMですよね。私は当時AMラジオしか聴いてなくて、「Hotel California」がしょっちゅう掛かっていたのは覚えているのですが、フリートウッド・マックの曲が掛かっていたのを全く覚えていないんです。MTVはアメリカのケーブルTVだから、当然フリートウッド・マックも流れていたと思われます。問題はオリコンの洋楽チャートで何位だったのかを知りたいんです。とはいえ、明らかに「Rumours(噂)」に於ける世界の反応と、日本の反応は違っていたのは事実だったと思います。アメリカの31週ビルボード1位は極端だったにせよ、世界との温度差はあったんじゃないかと。

0

私個人の感想ですが。。。 イーグルスのホテルカリフォルニアのもの悲しいメロディの方が日本人には 受けたと思った。 西海岸サウンドの牽引者にもなりました。 フリートウッド.マックは女性ボーカルがカントリーぽいのと、曲は良いけど イーグルスに比べ荒い感じがしました。 1977年はロックもソウルも秀逸な作品(名盤)揃いでしたね。 日本でもCITYPOPがマニア受けしていた時代で、洋楽からの影響が 多分に見られます。

有難うございます。 >フリートウッド.マックは女性ボーカルがカントリーぽいのと、曲は良いけどイーグルスに比べ荒い感じがしました。 カントリーっぽさはアメリカで売れた大きな要素でしょうね。「Hotel California」は確かに如何にも日本ウケしそうな曲だけど、「Rumours(噂)」にはそういうもの悲しい曲が無かったのはあるかもしれませんね。

0

時代的に 1970年代末に向けて 70年代の音楽は頂点に向かって動いていたと思います そして 80年代に入りそれらは終焉を迎えてしまいます イーグルスもライブアルバムを出して終焉を迎えます (パンクは 文脈上 必要ないでしょう アメリカおよび 日本のチャートで 仇花ですし ) 大雑把には ハードロックといわれていた主流が 極論 A.O.R.化 (70年代後半の主流だったA.O.R. )ソフト路線に向かっていました その流れの中で フリートウッドマックは 英米混合のバンドで 時代に合わせて 時代の先を行くバンド活動 アルバム制作をしていたと思います チャートとか知りませんが 人気はありましたし 売れていたと思います 「Rumours(噂)」は 時代的には早かった そういう感じもします まだ 日本で 追いついていた人は少なかったかもしれません アルバムジャケットの股間の玉が 学校では 話題になりましたね 当時は ロック小僧 ギター小僧たちは ジェフベックの ワイヤード ブロウ バイ ブロウ ライブワイヤーに夢中でしたから イーグルス 西海岸のロックは ホテル カリフォルニアで 聴くようになった そういう部分もあります その後のアルバム 「Tusk(牙 タスク)」のSaraのシングルヒット ライブアルバム その後の「Mirage」 そして スティーヴィー ニックスのソロアルバム 「Bella Donna(麗しのベラ ドンナ)」このあたりが 彼ら頂点と思います こういう流れの中では 「Rumours(噂)」の評価 位置付けは左右されることはあるかもしれないですが 小池さんのオリコンチャートは どうだったのでしょう 個人的に 売れた売れない チャート何位とか 何も気にしないので CM 観て 思いつきました https://m.youtube.com/watch?v=5Qi4-wvkOo8

画像

有難うございます。 結局イーグルスは「Hotel California」で、日頃余り洋楽を聴かない人まで浸透するようになったけど、「Rumours(噂)」は一部の洋楽ファンにしかウケなかった。そんな感じでしょうか。

1

ボンジュール(^O^)/ 洋楽ロックベスト100を見ますとベスト16位につけていますね 16位って間違いなく名盤になると思います https://www.udiscovermusic.jp/stories/the-greatest-rock-albums

1人がナイス!しています

このランキングは日本に於ける当時の評価ではなく、後々世界中でのセールスを考慮して見直された結果ではないでしょうか。私は当時中学生でしたが、確かにイーグルスが人気だったのは覚えているのに、フリートウッド・マックが人気だったという記憶がありません。