なぜ仕入が費用扱いになっているのでしょうか? 「期末商品棚卸高は50,000である。これを精算表に記入しなさい」という問題ですが、

画像

簿記 | 会計、経理、財務71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

仕入勘定をもって売上原価を算定しているため、仕入勘定の決算整理後残高が売上原価を表すことになり、当該売上原価が損益計算書に表示されることになります。 仕入勘定については、仕入れた段階では資産的性格を有していると考えることができますが、仕入勘定の決算整理後残高が売上原価を表す(売上高に対応する費用として売上原価が計上される。)という意味では最終的には費用としての性格を有することになります。

0

この精算表を見るに、当期に60万円を仕入れていて、前期末時点での売れ残りが3万、当期末の売れ残りが5万あるんですね。 一番左の60万円は、当期に仕入れた金額を表しています。 修正記入の左の5万は、前期末の売れ残りを表していて、これらの計65万円が、当期に売れる商品の原価です。 ただし、5万円が売れ残ってしまいました。商品というのは売れた時に費用にするものです。仕入勘定が65万円のままであれば、当期末の売れ残りである5万円も費用に含まれたままになってしまうので、その分は費用からマイナスしてあげなきゃいけないよね、費用のマイナスは右側に書けば表現できるよねということで、右側に書きます。 右に書いたらどこかの左にも同額書かなければならないのが簿記のルールです。仕入れた時に費用処理していた商品が、一部売れ残って来年度に繰り越すこととなったので、商品という資産が増えたよという意味で、同勘定の左に5万円を書いて、この問題は解決です。

0

まず総額として仕入(費用)が600,000あります。 その600,000に前期末での未販売分(=繰越商品)30,000を足し、当期中に販売できる商品は630,000です。 しかし、在庫チェックしたら50,000はまだ販売していなかったので費用から取り除く必要があります。 そのため、630,000から50,000を抜き出し繰越商品として資産計上して次期に繰り越します。 残りの580,000が売った分の原価として損益計算書に載ります。