回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/29 2:30

1313回答

なぜ海上自衛隊では、駆逐艦のことを護衛艦と呼ぶのでしょうか?

1人が共感しています

回答(13件)

0

自衛隊は憲法違反の存在だ。中学生でも分かる。それを誤魔化す為に陸軍と言わないで陸上自衛隊、海軍ではなくて海上自衛隊、空軍の代わりに航空自衛隊、と。海外では「日本では軍隊の事を自衛隊Self Defence Forcesと呼ぶ」と言っている。 昔は陸上自衛隊では戦車の事を「特車」と呼んでいた。「護衛艦」もそのノリだね。そう呼んでおけば「軍艦」ではない、と。そのくせ、航空自衛隊は平気で「戦闘機」と言う言葉を使っている。支離滅裂だね。 結局これが日本なのだよ。重要で厳しい事に正面からオープンにガッチリと取り組まず、すべて玉虫色の言葉の遊びで誤魔化してしまう。 日本の国防の為に軍隊が必要であれば憲法を改訂する。その為の民主的な手続きは存在する。しかし政府はそれを国民に問い掛け説得する勇気も知恵も無い。そのくせに毎年5兆円以上も国防予算に使う。「国防費」と言う言葉は使わない。「防衛予算」だ。 こんな事やってるのは世界で日本だけだね。

0

ハハハハハハハハハハハハハハハ。 自衛隊を軍と呼ばないのと同じこと。 言葉の方便です。 海外からはそんなふうには全く見ていませんけど。

0

現代では駆逐艦という呼称が定まった時代の仕事が無いにも関わらず、各国とも駆逐艦(Destroyer)という呼称を慣習的に使っているように、日本では経緯はいろいろあるにせよ駆逐艦という呼称を使わずに実態と理念に即した自衛艦・護衛艦と呼称することにした、というだけの話です。 艦種記号は国際的なものなので、いわゆる駆逐艦とは任務内容が異なるにも関わらず、駆逐艦同様のDDを使用しています(各国とも状況同じ)

1

自衛隊は専守防衛で軍隊ではないため、潜水艦や輸送艦などを除く軍艦のことを護衛艦と呼んでいます。ですから、護衛艦には駆逐艦やフリゲートなどが含まれます。(国際的な分類が航空母艦や巡洋艦であっても自衛隊では護衛艦です。)

1人がナイス!しています