「故郷」では、「うさぎが美味しいわけではない」と知ったのは、 いつでしたか。

補足

みなさま、ご回答、ありがとうございました。 一般に思われているほど「美味しい」と取った人はいないのかもしれません。 「ウサギおいし」を解釈するときに、助詞の「を」が省略されている、 という文法(無)意識の方が、「美味しい」と取るより勝っているのかも しれません。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「遊ぶためではなく、捕まえて食べるために追っていた」 と教えてくださり、ありがとうございました。 これからこの歌を歌う時には、より深い解釈で歌うことができます。

お礼日時:8/4 16:31

その他の回答(7件)

0

うさぎを食べたことがないので、食べる習慣がある地域でもないので、始めから知っていました。 でも、追ったこともないです。 野生のうさぎを見かけたことが 2回あります。

「美味しい」と思った人(子ども)は、「おいし」という音だけに引かれたはずで、自分にウサギを食べたという経験がないことまで思い至らなかったのでしょうか。 わたしは日本で野生のウサギを見たことあるかなあ??? ないと思います。わたしは英語圏に住んでいるのですが、近所のうちのペットのウサギが夜脱走して、芝生の上でじっとしているのを保護したことは有あります。

0

子供のころに「美味しい」と思って歌ってましたが 小学校の授業で習ったときに知りました。 それから「赤とんぼ」で 「おわれて見たのはいつの日か」の「おわれて」は 背中に負われて(おんぶされて)の意味ですが 誰かに追われてと思っていました。 これも小学校の授業で習いました。 ***おまけ*** 授業の後 「十五でねえやは嫁に行き、次の日ねえやは里帰り」 という替え歌がクラスで流行りました。 ( ̄▽ ̄)しょうもない・・・

やっと「模範回答」をいただけました。 ありがとうございます。 その「里帰り」って、ひょっとして離婚? もしそうだとしたら、とんでもないガキどもだな、 あ、すみません。

1

習ったときに先生が説明してくれた記憶があります。 余談、 星飛雄馬が曳いていたローラーを「重いこんだら」と歌詞を誤用し「こんだら」と呼んでた友達がいたのを思い出しました。 古い話で失礼m(__)m。

1人がナイス!しています

先生でしたか。わたしは、母が真っ先に説明してくれたので、疑問を抱く暇もなく大きくなり、後に、「美味しい」??? となりました。 「こんだら」ってものがある、というのも聞いて、これも???

0

これは、かなり早い段階で知っていたな。 色鉛筆の「山吹色」を「ヤマブ黄色」と長いこと思っていたけど。ヤマブってなんだろ、みたいに。 ああ「浅葱色」もぜんぜん黄色じゃないのになーと思ってました。

こういう話って、次々出てきますね。「山吹色」は、ご近所にきれいに山吹の咲くおうちがあって、色鉛筆に「山吹色」があったので感心した覚えがあります。「浅葱色」は、まあ、「ネギ」に関係あるんだろうとは思いました(耳で覚えるより、漢字で書かれたのを先に見ましたから)が、緑よりも青にかなり近いので、もひとつピンときません。 https://irocore.com/asagi-iro/

2

小学校の音楽の時間に初めて習ったときから、知っていましたよ。 残念でしたね。ゴクロウサン! それよりも、あなたは、「赤とんぼ」の「おわれてみたのは、いつのひか」で、 赤とんぼに追っかけられたわけではないのと知ったのはいつでしたか? それともまだ? http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/akatonbo.html

2人がナイス!しています

あれは、「ねえや」の背中におんぶされて(=負われて)、「赤とんぼ」を見たんですよ。小さい時にその歌を初めて聞いた時からわかっていました。ゴクロウサン!