ID非公開

2021/7/29 14:45

33回答

神社で手を合わせて神様に祈念する礼儀作法は、佛教の合掌と同じものでしょうか?両方とも、ハスの花を捧げるという意味合いがあるのでしょうか?

宗教 | 日本史71閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/7/29 15:53

拍手の後、そのまま手を合わせて祈る部分は仏教から影響を受けたものでしょうかね。 因みに仏教の合掌の起源については未だ諸説あって面白いことですね!

その他の回答(2件)

0

キリスト教でも両手を合わせて祈りますから、宗教によって作られたポーズではなく、もっと古い時代の原初信仰における自然発生的なものなのではないでしょうか。

ID非公開

質問者2021/8/1 23:54

ありがとうございました。

2

仏教誕生以前の縄文時代の遺跡から合掌する土偶がみつかってますので、 日本固有の祈りではないでしょうか。 なお、神道の作法には蓮の花とかインドの意味は皆無でしょう。 なお、よく言われるのは、 ・手のしわとしわを合わせて「しあわせ」 ・右手はミ=水 ・左手はヒ=火 で陰陽合体 ・左は神の手、右は人の手なので、右を少し下にずらす などなどです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/29 18:11

合掌する土偶については、詳しく知りませんが、何かの儀礼的な意味を込めて手を合わせているのか、あるいは特別な意味は無く偶然にも手を合わせているだけなのかも知りたいところですね。