回答受付が終了しました

中学生の甘い考えだとおもって聞いてください。

回答(10件)

0

発想はいいと思うのでとにかくやってみたら? 今、小学生でもサイトを作る人がいるから中学生でも頑張ればできるはず。

0

その気持ちや、考え方は素晴らしいです。 この案件については、無理ですが、いろいろ考えて、考えるのを諦めないでください。 この案件については、企業が買うアイデアと言うのの対価が大きすぎます。 仮に売り手が、特許関連の調査もしないと、売買が成立しません。著作権の問題も上がるでしょう。綿密にねって、そういった熟練者と一緒にやらないとこの案件については、無理があります。 ただ、挑戦したい気持ちは素晴らしいので諦めないでください。

0

ネットサービスで利益を上げるのは至難の業です。 グーグルだって収益のほとんどは広告収入です。 プログラミングができない人方からしたら、プログラムを勉強して、サービス公開するというのは、特別な人しかできないように思えるのかもしれません。しかし、その業界に行けば、そんな人はうじゃうじゃいます。 その中でも、一部には世に知られたサービスを提供できた人もいます。ただそれが収益化ができるかというと、また話は別です。それでも運よく収益化が可能になると、こんどは、大手が一斉に、その類似サービスに参入してきます。 ネットサービスというのは、参入障壁が低い業種なので、その中で、お金持ちになろうとするのは、かなり大変だと思います。 私は、若い人がバカにしがちなアナログのローテクの方が、収益化するのはあんがい簡単だと思っています。

0

現実的にそういった物が可能か不可能か?であれば、可能です。 何故ならそういったものは、既にいくつも存在しているので。 https://techable.jp/archives/134599 https://ideastation.jp/ なので、サイトそのものは全く現実的ですが、 それで今から儲ける事を考えるのは、少し厳しいかもしれません。 類似に、あなたのクレーム買います、とか、あなたの不満を買います。みたいな物もあります。

0

私は企画書作ることがありますが、アイデア10個出しても採用されるのは1つあるかないです。 よく言われる「10はボツ。大切なのは11個目のひらめき」というのは本当です。 パッと思いつくアイデアなんかすでに他でやられてます。 その上を行かないとダメってことですね。 中学生なら、他にもいろいろと妄想ふくらましましょう。 今のうちにいくつもアイデアをストックしておくんです。 大人になったとき、もしかしたら使えるものもあるかもしれません。 それらのアイデアを具現化する実力も身につける必要があります。 “高校生になったらプログラミングなどを学んでWebサイトなどを作ってみたい”と書いていますが、別に高校まで待つ必要はありません。 PCさえあれば、年齢関係なく、プログラミングはできます。 ネット上には山ほど無料の初心者向けの教材があります。 お金もかかりません。 今すぐやりましょう。