「居合斬り」という技術についてお聞きしたいのですが、居合斬り(抜刀術)は刀でしか出来ないのでしょうか?

ミリタリー | 格闘技、武術全般361閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

たしかに居合術とは違いますがしっかり切っていますね。 剣の形状幅や重量により取り回しも大きく異なるという参考になりました。ありがとうございます。

その他の回答(4件)

0

刀で遊んでいるものです。空手合気道ともに長いです。 もう、ふさわしい回答は出ていると思われますので、視点を変えて、余談ですよ。 敵が上段に構えている。我は抜かずに、両手ブラリか、抜こうとしている状態。(甲野先生がブラリのほうが早い、と実践してました。西部劇の拳銃の決闘は、ブラリですな。握った状態からは遅いらしい) 1,敵が切る動作の瞬間に、我が斬る…これ危ないですよね。 2,敵が斬るという意思決定の瞬間に(まだ切りおろしていない)、我が一歩前に出て着る…これ下手をすれば自滅・お笑いの世界に突入。 相手の意を探ろうとすれば簡単にフェイントに引っかかるし、難しいもんです。要は、これを前提にやらないと居合にならない? これらは、別に剣だけではなく、拳でも、棒でも、合気道の技でも同じことです。 更に動きの質…実際に、半歩前に出て抜いてみればわかりますが…人とは如何に動けないか、実感できます。 黒田先生の言われる、全身が同時に同スピードで動く…極めて難しいですが、居合とはこういう超人的な動きを追求するものなのでしょう。 例えば合気道技・・・例えば合気あげ、これは腕だけでは技になりません。全身を使った技です。これを前提に指導されている先生はいるのかな? 日本武道の究極は居合かな?と思ってます。 抜いて斬るの裏に潜む術理は相当なもんかと。

一言に居合と言っても常人には理解の追いつかない様々な要素が組み込まれているのですね。他の回答者様のご意見も兼ねて、改めて居合という技術の高さを再認識できました。 有識者様という事で詳細なご意見ありがとうございます。

0

一例として、剣を鞘に入れた状態で襲われた時の手段の一つとして、15世紀ドイツのハンス・タールホファーのフェシトビュッフ(武術書)に鞘からぬきざまに斬る技が描かれています http://www.vikingsword.com/vb/showpost.php?p=138804&postcount=4&hcb=1 https://www.quora.com/Do-any-of-the-Medieval-Fechtbuch-teach-how-to-unsheathe-a-weapon-for-self-defense 類似した動きの例 https://talhoffer.wordpress.com/2011/05/05/fighting-with-the-messer-plate-228-page-115v/amp/

なるほど。勉強になります 「瞬時に臨戦態勢に入る」という前提から、やはり対応術であって曲芸の様なものでは無いのですね。 詳細な資料をご用意して下さりありがとうございました。

1

海外で行われているファストドロウなどは 早さ、正確さを競いますから 同じようなものと言えるかと思います 居合と異なるのは 刀剣等のアウトレンジからでも行えるという点でしょう おそらくスピードも居合より早いのではと 個人の意見です 参考 https://www.youtube.com/watch?v=6NSvXc1ruzU&t=38s

1人がナイス!しています

確かに「瞬時に行動を起こす」という動きに着眼を置けば別種目からも得られるものがありますね。新しい発見がありそうです。 動画のURLありがとうございます。

0

「sword quick draw」で検索しても「iaijutsu」の動画ばっかり出てきますから、日本以外では全然発達しなかったんでしょうね サーベルの曲が浅いやつなら刀身の形状としては居合いも不可能ではないでしょうが、基本的に鞘は腰にぷらぷら吊り下げて保持しますから、やはり抜刀術は想定していない そもそもの話として、神経研ぎ澄ませて居合の構えを取るぐらいなら、もう最初から剣抜いとけよって話じゃないですか じゃあなんで日本じゃ「抜刀術」なんかが流行ったかっていうと、イマドキのお巡りさんみたく、抜いただけで大目玉な文化があったからでしょうね 先に抜いたら勝負には勝てても法的に問題になっちゃって、最悪後でハラキリさせられるから、「後の先」をとりにいく技術が求められたのですよ

なるほど。「後の先」を極めた術が今日に見る居合なわけですね。 他国でも抜刀からの対応術や剣の取り回し方はあれど日本に見る「形」を含めた確立された技術を見る事は無かったので気になっていましたが、極めるに至る時代背景が関係していたというのは納得です。 探し物に役立つ見地を得られました。ありがとうございます。