ID非公開

2021/7/31 0:52

22回答

元NGT48の山口真帆さんの事 山口さんが襲われた事件で

女性アイドル195閲覧

ベストアンサー

0

吉成社長によると山口さんが「メンバーが関与してる」から不起訴になったと言ったらしいです。 吉成社長は不思議に思ってそうでさが、当然です。 「証拠」の件といい、ひょとしてあの東北地方出身の元アイドルさんは希代の嘘つきかも。

その他の回答(1件)

0

>山口さんは事件に関する証拠をもってるとSNSで主張しました。しかしその「証拠」とやら出してません。(中略)何故だと思いますか? 恐らくですがイメージの問題だと思います。 事件直後の現場に到着した村雲楓香さんが録音機器を使って、加害者の肉声を録音した時、真帆さんはそれを見て、そういう危機管理の知恵を身につけたと思われます。 その知恵を得たなら、事件後に黒メンバーを追及するときも、その方法を使って問い詰めた可能性は高いと思われます。 「家に行け、とそそのかす」だけでは、(暴行をしろ、とそそのかしたわけではないので)教唆という犯罪に問われることはないと思われますが、 加害者とそういう会話をした、という証拠にはなりますので、 「恋愛禁止」を(ファンから)強制されるアイドルとしては致命的になるでしょう。 但し真帆さんとその黒メンバーは、初期の頃には仲が良く信頼し合っていた仲間でした。 自分自身の手を汚して、その肉声を公開して、かつての仲間を破滅に追い込むのは躊躇があったのかもしれませんし、いくら何でもアイドルがそこまでやるのか、という世間の評判も気になったのではないでしょうか。 (裏切ったとはいえ)仲間に対して容赦ない、というイメージを世間から抱かれるよりは、たとえ裏切られた仲間にも猶予や恩赦を与えた優しい人間、というイメージの方が、今後のアイドル活動に有利になると考えたのかもしれません。 或いは、もしかしたら肉声を本人に無断で公開することは何らかの法律に抵触するのではないか?ということを恐れて、自分では余計なことはしない方がいいと判断したのかもしれません。 何れにしろ自分自身の手で相手に制裁を加える、という発想は、普通の人にとっては、かなり勇気がいることで、なかなか出来ないことです。 事件直後の加害者の会話音声がネットで公開されていますが、それは恐らく村雲さんがNGT運営に提出したものを、運営が週刊文春にリークし、文春が公開したものだと思われます。 >運営が犯人らを裁判に訴えようと山口さんに提案しましたが山口さんは同意しなかったようです。何故だと思いますか? この情報についてですが、旧AKSの吉成夏子元社長が、保護者会の時に説明した自身の声を録音したものが公開されているようです。 その中で吉成氏は真帆さんに提案した、ということを主張しているようですが、真帆さんは研音を通して、 「吉成社長に直接そのような話をした事実はございません」と否定しているようです。 ですからこれは真帆さんとは関係のない同様のケースが他にあって、真帆さんとは別人のアイドルが存在していると仮定して、その人の立場と心理に立って推論を組み立てますが、もしそういう民事裁判が提案されるとして、 それに同意するアイドルはいないと思われます。 民事ということは、お金で解決するということでしょう。 暴行を受けたアイドルにとって一番大事なのは「身の安全」です。 それなのに芸能事務所の利益だけを考えた提案をされれば、低収入で働かされるアイドルとしては首を傾げるのが普通です。 それに吉成氏としては、民事裁判の目的として、黒メンバーの無実を証明することを主張していました。 暴行に遭ったアイドルは、犯行現場に到着した(諏訪)マネージャーが、暴行事件の加害者に肩入れする不可解な行動を目撃しており、運営に不信感を抱いています。 そんな運営が加害者を相手取って訴訟を起こす、などと言っても、 「馴れ合い裁判」という言葉を知らないアイドルでも、何か変な陰謀を(裁判所を巻き込んで)運営が企んでいるのでは?と思うのではないでしょうか。 >山口さんが「裁判に同意しなかった事」を否定したら、吉成社長は山口さんとの会話を出すと言ってます 真帆さんは研音を通して、そういう話があったこと自体を否定しているのですから、当然「裁判に同意しなかったこと」も否定したことになります。 しかし吉成氏が、自分の宣告を実行した事実はないようです。 考えられるのは、(真帆さんのように)録音の公開を躊躇っているか、或いはそういう録音が元々ないか、或いは録音はしたけど真帆さんが自分にとって不利な発言をしなかった(つまり吉成氏の虚言)か、その他など、いろいろな理由が考えられます。 一つ言えるのは、吉成氏による、そういう宣告があっても真帆さんが否定したなら、真帆さんは余程の自信があるか余程の覚悟があるということです。 その自信の裏付けとなるのは、真帆さんがそういう話をした事実はない、ということを充分認識しているからではないでしょうか。 今のところ世間の大多数が真帆さん側を支持して、吉成氏側を批判しています。 この知恵袋でも、吉成元社長信者と思しき質問者への、刑事訴訟の手続きを説明する回答において、 一企業の社長としては全く常識外れの不可解な行動が、吉成氏自身の口から語られていることが指摘されています。 ネットでは当初から、この不可解さについて批判が集まっていましたし、 知恵袋でも回答者同士でいろいろ法知識が討論されて、吉成氏の異常性が浮き彫りになりました。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10246524675 一部知恵袋質問者回答者は、あくまでもその事実を無視して、真帆さんに嫌疑を向ける質問を投稿する活動を続けているようですが、いつまでも無視し続けるのには限界があるのではないでしょうか?