新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/8/20 17:06

1111回答

コロナワクチン、打ちますか? 私はまだ打っていません。 出来たばかりのワクチンなので、様子を見たいです。 ワクチンを打つことに否定しているわけではありません。

病気、症状674閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

0

持病がある人は主治医に相談する事が第一ですが、それを踏まえて、ワクチン接種だけでなくコロナについて総合的に知る事が重要だと思います。 コロナが怖いのは後遺症にあると思います。 重症化しないから大丈夫とかよく言われますが、現在若い方(20代)がエクモを使っている事実もあります。無症状や重症などには関係なく後遺症が残る場合が多くあります。現在わかっている後遺症の数は軽~重まで二百以上あります。 ファイザーやモデルナのワクチンはmRNAワクチンです。mRNAワクチンは1990年から研究開発が進められています。従って基礎研究は終わっていると考えています。今回何故こんなに早くワクチンが完成したかと言うと、アメリカが一兆円以上の予算を付けて、ワープスピード作戦と言うワクチン等の開発計画を立てて開発されました。 ワクチン開発の全ての手順が踏まれていて安全性に問題が無いと考えています。 コロナが細胞に感染するときの足がかりとなるスパイクたんぱく質を作るための物質を接種します。 コロナに感染した場合そのタンパクも体内に入り、ウィルスが増殖してより多くのタンパクが体内に入る事になると考えられます。 ならば、コロナに感染したら同じ事が起こると考えられます。 まずはワクチンの効果ですが、以下の事が報告されています。 『Lancet誌のイギリスからの報告は、医療従事者約23000人に対して、2週間ごとのPCR検査と月1回の抗体検査を行い、無症候を含めて感染者の発見に力を入れていますが、ワクチンは感染そのものを85%程度抑制するという、非常に心強い報告がされています。』 Lancet論文原文(英語)↓ https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00790-X/fulltext ただし、デルタ株(インド株)については7月21日にNEJMで発表された論文では、ファイザーのワクチンはデルタ株に対して、2回接種の場合88%の効果がある事が発表されました。 あくまでも私見ですが、感染予防効果は状況にもよりますがもう少し低いと考えています。 ワクチンのデメリットとしては、若い人ほど副反応で発熱等が強い傾向がある。副作用として、アナフィラキシーを起こす可能性があります。 アナフィラキシーを起こした場合はアドレナリン投与等で殆ど回復します。 稀に心筋障害を起こす可能性があります。 厚労省は、ファイザー製とモデルナ製のワクチン接種後の死亡例が7月30日までに919件(ゲンダイ記事より)だったと報告した。接種との因果関係について、検討会は「評価できない」か「認められない」とした。 あくまでも私見ですが、中にはワクチン接種によって亡くなった方がいらっしゃると考えています。 ただし、ワクチンの接種回数の増え方と接種後に亡くなった方の増え方を比較すると高齢者が亡くなるケースが多いと思います。 長期に渡る副作用はわかっていません。 ワクチン接種をすると不妊になる、ウィルスが分離されていないはフェイクです。コロナワクチンは劇薬との言が散見されますが、酵母由来のワクチン以外は全て劇薬指定する事が決まっています。『治験が終わっていない』はある意味事実誤認を招いています。治験は第1相~第3相まで終わり販売許可が降り、現在は承認販売後治験を行っています従って治験中となっています。これは法律で規定されています。『BonaFidr』はフェイクサイトです。 次にコロナに感染した場合のあまり知られていない怖い後遺症として以下のような事が報告されています。 1.心臓に障害を残す。 『新型コロナによる心臓の後遺症 日本人の回復者の3人のうち2人に心筋障害がみられた』 https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210515-00237982 昨年米国医師会が発行する(2020年7月27日にJAMAに掲載)。 無症状の患者を含めた心臓疾患がなかった100人を調査した結果78%の人が心臓に何らかのダメージを負っていることが判明した。 ドイツの研究グループが新型コロナ感染による心臓への影響を調べるため、感染から回復した男女100人(平均年齢49歳)の心臓のMRI画像を分析した。67人(無症状を含む)は自宅で回復、残り33人は入院治療を要した元コロナ患者。感染の有無を調べた検査から64~92日経った後、ランダムに選ばれた。 今後は心臓へのダメージがどのくらい続くかを検証する必要がある。 以上が簡単な要約です。 この論文は専門家等に90万回以上読まれており非常に信憑性が高いと言えます。 ドイツの論文(JAMA)↓ https://jamanetwork.com/journals/jamacardiology/fullarticle/2768916 コロナウィルスが体内に入るとACE2受容体と結合して人の細胞への侵入を開始します。 感染の成立です。 ウィルスが侵入した細胞内ではウィルスが増殖して、やがてウィルスは細胞から放出されて、感染した細胞は破壊されます。↓ https://www.igakuken.or.jp/r-info/covid-19-info20.html ここで問題なのはACE2受容体がどこに存在するかです。 実は、心臓にもACE2受容体が多く存在する事がわかっています。↓ https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cvdprem/lecture/komamura/202004/565302.html 従って、コロナ感染によって心臓が障害を受ける事は容易に予測できますし、上記論文はそれを証明したと言えます。 2.糖尿病を発症する 最近新型コロナ罹患者の約15%~20%が糖尿病を新たに発症した事が確認されています。 重症化した場合は約60%が発症するとの報告もあります。 何故発症するかは心臓等と同じです。 膵臓からもACE2が発現されているからと考えられます。 その結果膵臓の細胞が破壊されてインスリンが出にくくなったり、出なくなり糖尿病を発症します。 発症した糖尿病はⅠ型としている報告もあります。 万一Ⅰ型の場合生涯に渡ってインスリンの投与が必要になります。 従って、ワクチンを接種してコロナに感染する事を防ぐ事が重要だと思います。 要するに、コロナは感染するとACE2を発現している臓器の細胞に感染した場合一部を破壊するという事です。 精巣からもACE2が発現しているので長期の無精子症になる可能性も確認されていますし、EDの可能性も確認されています。 女性の場合卵巣や子宮内膜からもACE2が発現していますが後遺症の報告は僅かにあります。 しかしながら、ACE2を発現しているため今後報告(論文)がされる可能性はあると思います。 CDCからは米国で新型コロナ症状で入院した患者の97%と死亡者の99.5%がワクチン接種を受けなかった人々との報告もあります。 また、妊婦さんも重症化リスクが高いとの報告もあります。 結論としては、ワクチンには感染予防効果がある事、コロナは後遺症が怖いと言う事だと思います。 特にデルタ株は重症化しやすい事や感染力が非常に強い事、東京大学の研究者によると、細胞レベルで見た場合コロナにより破壊される細胞が多い事が報告されており、心臓等に残る後遺症もより重篤になると考えられます。 これらの後遺症は一生続く可能性が高いと思います。 何故なら心筋が破壊された場合は状態によっては殆ど再生されませんし、糖尿病も完治はほとんどありません。 もちろん再生する細胞もありますが、ましてやⅠ型糖尿病であれば一生インスリン接種が必要になります。 その他コロナは後遺症の宝庫です。 最初にも記載しましたが、無症状~重症までどのような病態でも後遺症の残る割合はほとんど変わりません。 重症者ほど残る可能性の高い後遺症等もあります。 年齢にも左右される事もあまりありませんので将来の生活にも影響してくる可能性もあります。 もちろん回復する後遺症もたくさんあります。 なかには、コロナに感染する確率が低いと言う方もいらっしゃいますが、風邪を引いた事がない人は殆どいないと思います。 コロナが単なる風邪と言う意味ではありません。 誰でも感染する可能性があると言う意味です。 従って、感染そのものを防いでくれる可能性があるワクチン接種のメリットは年齢に関係なくリスクを上回ると考えて良いと思います。 尚、上記に記載した後遺症については 『コロナ 後遺症 心臓』 『コロナ 後遺症 糖尿病』 『コロナ 後遺症 無精子』 『コロナ 後遺症 ED』 『コロナ 後遺症 記憶障害』 『コロナ 後遺症 血管』 等で検索すると確認できます。 尚、コロナの情報で一番信頼できるのは日米で実際に治療にあたっている医師のグループが発信している『ころナビ』というサイトだと考えています。検索で出ます。 参考までに… かなり専門的な内容ですし英語論文は読みにくいので、『DeepL翻訳ツール』で翻訳すると良いと思います。 一番正確に翻訳してくれると思います。

0

ワクチン以前に事なかれ主義のマスクのみで健康です。 うがい手洗いは必要ありません。 消毒は店員がしてくれと言えばやるくらいです。

0

>今の感染者数などを見て、ワクチンは本当に効果があると思いますか? もともとは重症化を防ぐもので、感染者数を減らすものではない。 ただ感染しにくいという効果もあるというだけ。 実際、ワクチン打っている世代は比較的感染者は少ない。

1

副反応は怖かったですし、様子見したい気持ちは正しいと思います。 私はすでに2回接種済みですが。 効果はかなりありますよ。これは様々な研究機関から結果が出ています。

1人がナイス!しています

1

医療従事者や高齢者の感染者数は格段に落ち着きワクチンの効果は出ている ワクチンは基本的に重症化を抑えるもので、すべてのワクチンに言えることだが、100%安全で副反応がないものなどこの世にありません。 重症化を抑えることで早期の回復が見込め医療の負担を軽くすることが出来る。 今の感染者の増え方は、ワクチンが40代.50代への接種率が低いこととデルタ株の感染力が強いことが主な原因です。 私は1週間前ほどの1回目を打ちました。 ちなみにファイザーですが、打った所だけが2.3日筋肉痛のような鈍いが続いたが4日目にはもう痛みも消え通常通りの生活で腕が上がらないこともなかったし熱も出なかった。 ちなみに私の家族2人はすでに2回目を打って数週間経つが、2回目にだるさを覚えていたようだが、熱もなく通常通りの生活に戻っています。 副反応を怖がる気持ちはわかりますが、コロナの症状と後遺症を考えればたいしたことはない。 必要以上に怖がる必要はない。 メッセンジャーRNAは20年以上も前からある確立した技術のようですよ。 40年.50年後のことを考えるのはナンセンスです。 そのころには別の病気にかかっている可能性が大きい そんな先の保証を考えるのはナンセンスです

1人がナイス!しています