回答受付が終了しました

鳥人間コンテストってこんなに飛んでましたっけ?20年ぐらい前はみんなすぐ落ちてた気がします

1人が共感しています

回答(4件)

3

大会が続き飛行機の性能のアップとパイロットの技術・体力が上がり夢の対岸は昔の話になりつつある。 今大会は前回まで60キロの規定から70キロにルール改正された。 20㌔ではもはや普通です 鳥人間の創成期はハングライダータイプが主流で飛行距離も短く滑降部門とコミック部門だった。

3人がナイス!しています

1

バラエティ部門とかだったのでは?

1人がナイス!しています

3

昔はよくて数百メートルでしたが、みんなが航空力学を研究して 制作するようになって飛躍的に距離が伸びましたね。

3人がナイス!しています

昔は散々あおって飛び出したと思ったらすぐ落下するのが面白くて爆笑して知人と見てた記憶があります それが最近はなんでしょう・・いつのまにか全然笑えなくなってるしゴールデンになってるし有名人が司会して豪華に・・・ 感動とか人間模様とかもうまるで別物ですよね そういや土屋太鳳が映画もしてたっけ 画像検索するとおもっきり飛行機でもう全然「鳥人間」じゃないですね、海外の鳥人間コンテストを検索したらぜんぜん飛ぶ気がないって書かれてるけど昔はこんなんだったんですよね、ぜったい飛ばれへんやろwっておもちゃみたいなので本人は飛ぶ気満々なのが面白かったんすよ、学祭で作ったハリボテみたいなのでw あのころは今みたいに学生じゃなかった気がしましたねぇ オタクみたいな人ばっかでしたがいまはどっかの名門大学生みたくなってるし・・