子供の習い事についてご意見を伺いたいです。 現在小4の男の子で、ピアノ、公文(算数、英語)、水泳を習っています。

小学校 | 習い事649閲覧

ベストアンサー

0

ご意見ありがとうございます! そうなんです!どうしてもお勉強系は外せないと思ってしまって、1番金額的には大きい公文を外す勇気が親に無く‥。 運動は、学校の活動をうまく利用しながらでも良いのかなというご意見とても参考になりました(^^)ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

子供の運動を部活等で代替えできると教えていただいたので選択肢が広がりました。ありがとうございます。

お礼日時:9/7 12:25

その他の回答(11件)

1

経済的に削減の方向で検討したいことを前提にします。 水泳は辞めて良いと思います。 4泳法を修得したのなら、それは一生涯忘れません。小4にもなると、通塾しだしたことを理由に辞める方が多くなる習い事です。体力は水泳でなくてもつきます。どうしても体力維持に意味を感じるならば、ランニングや縄跳びなどでも効果を得られます。水泳以外のローコスト代替案があるということです。 小3から開始した公文は辞めて良いです。開始が遅いです。そのレベルなら、陰山式(学び舎)というオンラインドリルで十分です。毎日無料更新される計算問題をやっていれば代替可能です。その他、宮本式というドリルや最レベという問題集でも買い与えてやらせれば問題ないです。 公文の英語も意味ないです。どうしても英語をやらせたいなら、副音声で英語を見せたり、洋楽を真似して歌っていた方が意味があります。あとは、学校の教科書レベルのことを理解できていれば完璧だと思います。 ピアノが好きとのことですから継続するのは良いと思います!弾けるようになってきたピアノのレッスンは、60分くらいないと対応できないでしょうから仕方ないと思います。

1人がナイス!しています

ご意見ありがとうございます! 代替え案はたくさんあるという事、その通りですね。週に一回1時間やる気なく泳いでる事、公文でひたすらプリントで計算だけを解き続けてる事、どちらも体力作り、計算が早くなるという目的を思うと代替え可能ですね。 週末に家の前で縄跳びさせたり、ドリルの答え合わせをしたり、親の負担軽減をお金で買っている状態ですね。経済的に厳しい、でもという事だったら親がみるしかないのかなとよくわかりました。 ありがとうございます(^^)

0

私はやりたいことをやらせてもらい基本的には全て自分の判断でした。 ピアノ 年少から小5まで 引越しを機に通える距離でしたがそこまでして続けたいか考えたときにそこまでではなかったので辞めました 一輪車 年少から小1まで 水泳の選手コースになるかどうかのタイミングで選手になるか一輪車を続けて選手にはならないか曜日の都合で決めなければならず母からどっちをやりたいか言われたときに水泳を選びました 新体操 年中から小2まで 一輪車同様選手コースのクラスが上がり練習日が増えたので 水泳 年少から年中 コーチが嫌いで一度辞めてます 年中から中2 中2で塾が週3になり将来のことを考えたとき水泳にそこまでのセンスはなかったので勉強もできなくて水泳も中途半端じゃこの先生きていけないと思ったのでそこで一区切りしました 英会話 小1から小5 これは親の意向で始め楽しかったので…塾で英語の授業が始まるまでは続けました 塾 小5から中3 近所のお兄ちゃんに中学から入ると宿題に慣れてなくてきついと脅されたので始めました笑 お金を出してもらっていたので今考えるととても贅沢な環境だったなと思います。 子どもでもこれは嫌これは好き 比べたらこっちをやりたいは少なからずあると思います。それを引き出してくれたのが両親でした。自分の意思で決めたことだから続けたものは頑張ろうという思いはありました。 親の意思で辞めさせられていく子も水泳では何人も見ていましたが…結局戻ってくる子もいたりしたので… お子様の意思を聞いてみてはいかがでしょう。

ご意見ありがとうございます! 子供のやりたいという気持ちを優先したいのと、親のこれだけはという気持ちの間のバランスが難しいです。 でも、自分自身の子供の頃を思っても何となく親に言われて通っていた習い事も大人になってからやっぱりもう一度やりたいと思い直して通い始めたり、その時の方がヤル気もあって上達も早いです。 本人の気持ちをしっかり確認して選択したいと思います。ありがとうございます(^^)

0

あなたの立場に立ってみれば、この中なら公文を辞めるかなと思います。 ただ、始めたばかりということもあり、これから未知数なので安易にいえませんが。 うちも同じく運動系1個でも(男の子だしスポーツも他にしていないため)という意味で水泳。集中力をつける意味でも、細く長くで考えております。 勉強は、家庭。重に通信と親がフォローできるだけはやろうかなと。 4年生くらいからは塾に切り替えてもいいかなと思ってます。(高校見据えて) 他は習字とかそんなところです。 2個までと決めて、小学校重視。 高学年からの塾代に備えて。 ピアノがたいへんお好きということで これはいいですね。 ピアノが続く子供さんというのは、 持続力、集中力、自己管理ができる傾向にあります。 この良さと活かしつつ・・・ おそらく公文にいってもいかなくても 出来るとは思います。 公文は英語だけに絞ってもいいかも。

0

うちの基準で言いますと運動系と文科系(お勉強系)を最低一つずつは続けてほしい、と思っています。 ですので質問者様のケースでいうとピアノと水泳を残し、公文を辞める(もしくは減らす)かなーと思います。

うちも小4です。 水泳は4泳法泳げるようにはなりましたが、これを辞めると他に運動系のお稽古がなくなるため、本人はそこまでやりたいわけでは無さそうですが、小学生のうちは続けさせようと思っています。 ここまでやったので将来“得意”と言えるくらいになってほしいなと。 子どものに決めさせるという基準もアリだと思います(^^)

0

4泳法クリアしたなら辞めていいかと。男の子なので一つは運動をってそれは親の意見であって子供にやる気がなければ意味がない。スイミングなら短期もありますし。 習い事の基準は本人がやりたいと言ったものをやらせています。