htmlをかいただけでは、ホームページは公開できませんか?

補足

cssをかかないとだめですか? 今できたところまでを、見たくてfileziilaをFTPクライアントに、レンタルサーバーにfc2をつなげましたが、うまくいきません(>_<)

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この解答通りにしたら、問題解決しました!^ ^ 皆さまありがとうございます!泣

お礼日時:9/8 20:54

その他の回答(3件)

1

css はあくまでオプションみたいなものなので html を表示するのに css は必須ではありません。 html 書いてアップロードした後に url を確認すれば大丈夫。 そもそもレンタルサーバの url が合ってるのかって問題も出てきますね。 あと例えば a.html を作成してアップしたならアクセスする際も https://example.net/a.html のようにしないと駄目ですよ?

1人がナイス!しています

1

>今できたところまでを、見たくてfileziilaをFTPクライアントに、レンタルサーバーにfc2をつなげましたが、うまくいきません(>_<) FAQなどに設定方法が記載されていると思われるので、それを参考に設定して下さい。 なお、fileziilaにはウイルス入りがあるので、FFFTPに変えて、フリーのアンチウイルスも入れておいたほうが良いです。 >cssをかかないとだめですか? それは関係ありませんが、今時 レスポンシブ・デザインは必要です。 蛇足ですが、もし フロントエンドをガッツリやりたいなら下記を参考に実際に「実用的なWebページ」を作ってみると良いでしょう。 ユーザー・フレンドリー(レスポンシブ・デザイン)・Webページ作成の注意点 http://ashtarte.pa.land.to/utf8/smt.cgi?r+twilight/&bid+000000F9&tsn+000000F9&bts+2021/06/02%2005%3A23%3A49& 「PC、タブレット、スマホ」などで解像度は機種ごとに違うので、特定の解像度に依存しないユーザー・フレンドリー(PCフレンドリー、タブレット・フレンドリー、スマホ・フレンドリー)なページが推奨されます。 Chromeのモバイル・エミュレーターで「PC、タブレット、スマホ」の各解像度をチェックしてみればユーザー・フレンドリーが如何に重要か解るでしょう。 (各解像度のチェック自体は それほど難しく無いので)現在 Webページを作成しているなら、実際にChromeのデベロッパー・ツールのモバイル・エミュレーターで「PC、タブレット、スマホ」の各解像度をチェックしてみると良いでしょう。 また、(ブラウザ側の設定で)フォント・サイズもイロイロ 変更してみて、イロイロなフォント・サイズに対応可能かどうかもチェックしてみると良いでしょう。 PCにおいては とりあえず「1k~4k」解像度をチェックしてみると良いでしょう。 具体的には「1k」では「約1000px*750px」(アスペクト比「4:3」)を、フルHD画面 以上なら「約2000px*1120px、約4000px*2250px」(アスペクト比「16:9」)の解像度をチェックすると良いでしょう。 「タブレット、スマホ」は既に登録されているプリセットの解像度でチェックしてみると良いでしょう。 「タブレット、スマホ」の解像度のプリセットは[Responsive]コンボボックスで選択可能です(下記の解像度をチェックしてみると良いでしょう)。 タブレット:『「iPad」(768px*1024px)、「iPad Pro」(1024px*1366px)』。 スマホ:『「Galaxy Fold」(280px*635px)、「iPhone 5/SE」(320px*568px)、「Moto G4」(360px*640px)、「Pixel 2」(411px*731px)、「Surface Duo」(540px*720px)』 解像度を変更したら必ずリロードして下さい。 解像度を変更してフォント・サイズが合わなくなったら、ブラウザの設定でフォント・サイズを調整して下さい。 Webページ作成時に何度も何度も解像度をチェックするとなると、フォント・サイズの調整も面倒になります。 下記「Webページにおける基本的な注意点」内にフォント・サイズ自動調整用の「CSS、JavaScript」が記載されているので、それを使うと便利でしょう、あくまでもモバイル・エミュレーター用のコードなので、本番用Webページではコメントにするなど、無効にして下さい。 Webページにおける基本的な注意点 http://ashtarte.pa.land.to/utf8/smt.cgi?r+sara/&bid+00000231&tsn+00000231&bts+2019/08/12%2011%3A02%3A18& アマチュアの場合で細かく分けたい場合は、メディアクエリで「1312px以上」、「1312px未満~992px以上」、「992px未満~688px以上」、「688px未満」に分割する4パターンのレイアウト構成が推奨されているようです(もちろん、ページのレイアウト構成によっては、それ以下のパターン数でも作成可能な場合もあります)。 ※注意点としては、ユーザーが意地悪くPC用ブラウザの横幅を小さくすると、PC用ブラウザで(レスポンシブ用などの)メディアクエリが効いてしまうと言う問題があります(メディアクエリを効かせたく無い部分はJavaScriptで記述する必要があります)。 (Webページ作成の基本のキとして)ブレイク・ポイントを念頭に置き、必ずワイヤー・フレームを作成して下さい(手書きでも良いですし、単純なレイアウトなら脳内だけでも おk)。

1人がナイス!しています