回答受付が終了しました

相続税を支払っても相続金額が多いと、数年後に税務署が調査しに来ると聞きます。税務署は過去10年くらいの通帳の入手金を調べる権限かあるとのことですが、クレジットカードで買い物をした時の明細(どのお店で買い

税金261閲覧

回答(3件)

0

もちろん、権限はあります 相続金額が多いから調査が入るわけではありません 税務署が把握しているよりも、相続税が少なかった時に調査をします 相続税が少なくなる理由(大きな買い物をした、損失をしたなど)があれば、税の申告の時に、資料として添付することで、調査対象とならずに済むこともあります

0

クレジットカードは相続税の課税回避に利用されることもそれほどある訳ではないし、利用履歴も相続税の税務調査においてそんなに有用だとは思わないが、 国税通則法第74条の3(当該職員の相続税等に関する調査等に係る質問検査権)(抜粋)に 相続税若しくは贈与税に関する調査若しくは相続税若しくは贈与税の徴収に関する調査について必要があるときは、次に定める者に質問し、納税義務者等の財産若しくは帳簿書類その他の物件を検査し、又は当該物件の提示若しくは提出を求めることができる。 と規定されており、次に定める者には ハ 納税義務者がある者等に対し、債権若しくは債務を有していたと認められる者又は債権若しくは債務を有すると認められる者 が含まれている。 銀行等の金融機関も特定口座等を有する証券会社もクレジットカード会社も上記ハに該当するため、税務署は質問検査権を行使でき、利用履歴などのデータを閲覧したり提出させたりすることができる。