地球温暖化はしていない、と主張している人はなんでいるんですか? 20年前はクーラー不要だったほど涼しかったのに。

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(8件)

2

どちらにお住まいですか? 都会は温暖化の影響よりも、ヒートアイランドによる影響で気温が高くなっています。 それから日本全体のことで言うと、インドからの海流が20年前から変わっているのでそのせいで気温が高くなっているのも事実です。海産物の分布も変わりました。

2人がナイス!しています

0

なんでってヤミの多重下請けマルチサクラな利権とその選挙票のためだべ。他になんかあるんかね。アメリカぢゃトランプのような銭ゲバアウトローしか唱えておらんし。

1

→ そおですね!結局やはり科学的に分析解析して理論的にメカニズムを調べる必要があると主張するのです。似非科学のではなりません!似非科学では日本は滅亡しますよね?福島第一原発(事故)は似非科学だったのですから!ですよ!科学的な議論を続けましょうよ!ですよ!ですよ!

1人がナイス!しています

0

地球温暖化はしていない、と主張している人は、 https://wired.jp/2013/03/12/hockey-stick/ https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-1/qa_17-1-j.html というようなデータを見ていないのではないかと思いますが、二酸化炭素等の地球温暖化物質で地球が温暖化しないと言われている人達に対する私の反論は、 http://www.geochem.jp/qanda/answer/004.html を参考にして作った下の図を見てください。

画像

尚、 https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-1/qa_17-1-j.html の「図1」を見ると、1970年代に太陽活動と地球の気温の相関が崩れている事が分かると思いますが、1970年代と言えば、原発の建設・稼働ラッシュと再処理の本格稼働が始まった時期なので、私は原発と再処理のための自然破壊と二酸化炭素の放出が地球温暖化に大きな影響を与えているのではないかと推測しています。 それと、二酸化炭素よりも水蒸気の方が地球温暖化に寄与する事は、 https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/11/11-2/qa_11-2-j.html を見れば分かると思いますが、原発の温排水が地球温暖化を加速したり深刻な豪雨を引き起こす理屈は、かなりいい加減な図ですが、下の図を見てください。

画像
1

地球温暖化していないという人はもともといません。 人為的に排出したCO2で温暖化したわけではないという人はたくさんいて、温暖化CO2原因説の科学者の嘘、ねつ造、不正な圧力が続々とバレたクライメートゲート事件後、世界的に増えています。 なんでいるかというと、科学的真実を貫きたいためで、私もその一人です。 温暖化CO2原因説という迷信、洗脳から早く脱却して頂きたいと願っています。 1988年にアメリカ議会で人為的温暖化を証言して教祖的存在になっている元NASAのハンセン氏ですら、最近、温暖化問題の論争では懐疑派が優勢になっていると発言しています。 質問者さんは北海道か長野などの高冷地にお住まいなのでしょう。私の北海道の実家では昔も今もクーラーは不要で、ありません。 日本の大部分の平地では20年前も暑く、クーラーが必要でした。 CO2は温室効果がありますが、人為的に排出したCO2は地球温暖化の原因ではありません。 CO2は吸収可能な波長14~16μmの遠赤外線を全部吸収済で、温室効果を100%発揮済であり、CO2濃度が上昇しても、さらに赤外線を吸収するのは不可能であるためです。 1980年代から科学的知見を無視して政治的に通説になっている温暖化CO2原因説ではCO2濃度が高まると赤外線の吸収が増えて地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても放射冷却を減らせません。 CO2の遠赤外線吸収波長の14~16μmの地球放射は全部CO2に吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。 従って、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化は物理的に不可能です。 ということで、国連、政府が支持し、学校でも教えている温暖化CO2原因説は間違っています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93 大気の窓 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atmospheric_Transmission_JA.png 大気通過後の放射スペクトル分布 http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kenkyu/ke03.html 図3.5 大気放射のスペクトル CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した遠赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。 CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。 CO2に温室効果はありますが、既に温室効果を100%発揮済で、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地がないことを温暖化CO2説支持者は理解していません。 赤外線吸収飽和論に対して、地球温暖化CO2原因説をまだ信仰している方々から4通りの反論がありますが、どれもこれも屁理屈ばかりで成り立ちません。 反論1 CO2濃度が高くなると15μm付近の赤外線吸収波長域の幅が広くなるから、温室効果が高まる余地がある。 ところがCO2の赤外線吸収域に隣接した波長域はCO2の50倍前後存在する水蒸気の吸収波長域であり、既に水蒸気に吸収されています。 CO2濃度を2倍にする実験でも赤外線の吸収はほとんど変わらないことがわかっています。追試も同じ結果であり科学者達はこのことを知っていたため地球温暖化CO2説は既に論破されているとして、全く支持されませんでした。 学会も長年にわたって成り立たないとしてCO2説を退けてきました。 CO2の400ppmと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほとんど同一で、赤外線吸収域の広がりはなく、濃度倍増で赤外線吸収が増える余地はありません。 反論2 地球放射を吸収したCO2は半分を地表の方向に、半分を上の方向に再放射する。上に向かった再放射は上の層のCO2に吸収されて、さらに上方向に再放射される。この吸収と再放射の繰り返しが行われて最終的に赤外線は宇宙へ出る。CO2濃度が高くなるとCO2による吸収と再放射の繰り返しが多くなるから、温室効果が高くなる。 反論2は多層大気モデルと呼ばれているものですが、地表では上向きの15μmの地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測されています。ということは上向きに再放射と吸収の繰り返しで宇宙へ出る赤外線は存在せずCO2による再放射は一度上方向へ出たものも含めて全て地表に戻っていることになります。従ってCO2の赤外線吸収波長では正味の放射はゼロであり、多層大気モデルは机上の空論です。 大学の講義で教えられている大気を1層としたモデルでも地球放射をCO2が吸収した後の再放射の半分は宇宙へ向かうことになっていますが、同様に誤りであることが明らかです。観測で否定されるモデルは机上の空論、えせ科学です。 反論3 低圧低温の高空ではCO2による赤外線の吸収は飽和していないため、温室効果が高まる余地がある。 1952年にプラスが主張し、ペティの図が引用されて、その説明に使われています。ところが、この図はわずか1mの長さの空気柱で、低圧低温として行われた実験によるもので、現実の世界と比べてあまりにも短いのです。 実際の成層圏下部は1万mの厚みがあります。1mで50%の赤外線吸収率でも、5mもあれば100%近い吸収率になってしまいます。当然1万mの厚みの赤外線吸収率は100%で、透過率はゼロです。 成層圏下部では15μmの赤外線の透過率はゼロという図もあります。 地表から出た15μmの地球放射は高さ10m未満で全部CO2に吸収されて、成層圏下部まで届きませんから、成層圏下部の赤外線吸収は温室効果と無関係です。 わずか1mでもCO2による波長15μmの遠赤外線の吸収率は96%です。5mで98.4%、10mでは100%の吸収率です。 反論4 CO2濃度が高くなるとCO2による宇宙への放射の高度が高くなる。その高度は元の放射高度よりも低温だから、放射平衡を満たすようにその高度の温度は元の放射高度の温度まで上がる。高さによる温度の勾配は一定のはずだから、地上気温も高くなる。 これは真鍋淑郎氏の放射平衡による温暖化の理論をもとにしたものですが、CO2による宇宙への放射の高度は高さによる温度勾配がある対流圏ではなくて、-53度の高さによる温度勾配がない成層圏下部です。 従ってCO2濃度が高くなって、放射高度が高くなったとしても、元の放射高度と温度は同じですから放射平衡を満たすように温度が上がることはないし、その結果、地表温度も上がりません。 CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。 温暖化CO2原因説支持者が主張する多くの証拠なるものはモデラーの誤った前提と数式のでたらめなシミュレーションにすぎません。 彼らはCO2が地球放射のうち、波長15μm付近の遠赤外線しか吸収できないことを見落とし、あたかも全波長を吸収できるかのように、変化後のCO2濃度を変化前のCO2濃度で割ったものの対数に比例して温度が上昇するという1896年のアレニウスの発表と同じ間違いを繰り返しています。 「IPCC (1990)およびMyhre et al. (1998)によれば、 CO2の放射強制力(W/m2)=5.35×変化後のCO2濃度を変化前のCO2濃度で割ったものの自然対数」 (ウィキペディア「放射強制力」) CO2と気温は過去4000年、1万年、6億年のいずれでも相関がありません。 7億年前にCO2濃度数千ppmでもー50度になる全球凍結が起きたこと、古生代にCO2濃度が4300ppmでも氷河期があったことを温暖化CO2原因説で説明できません。 今よりも30%も少ないCO2濃度280ppmでも1000年前の中世温暖期、2000年前のローマ温暖期が現在程度の温度だったこと、6000年前は2度高かったことを温暖化CO2原因説で説明できません。 温暖化は1950~2006年の1万年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期による自然現象です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%91%A8%E6%9C%9F#/media/File:Sunspot_Numbers.png 過去400年の太陽活動 過去100年の太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、0.98です。 http://hockeyschtick.blogspot.com/2010/01/climate-modeling-ocean-oscillations.html

1人がナイス!しています