条件付き書式について windows10を使用 チェックボックス(A1)にチェックを入れたら、隣のセル(B1)に「はい」、はずしたら「いいえ」が表示されるようにしています。

Excel57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

「ひとつの式」が、皆さんに「?」にさせているようで、すみません。余計な式を書かない方が良かったかもしれません。 A1のチェックボックスにチェックを入れると、B1のセルに「はい」、はずすと「いいえ」になり、さらに、「はい」となった時、B1が赤く塗りつぶされる、条件付き書式の数式を教えてください。 わかっていただけるでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お礼が遅くなってすみません。 おかげで、みんなで使えるようになりました。

お礼日時:9/21 19:52

その他の回答(2件)

0

数式は、=IF(C1,"はい","いいえ") でいいです。余計なものはつけない方がいいです。 ひとつの式でと書いてありますが、どういう意味でしょうか。 B列全体を選択して、その式を入れればB列全てに適用されます。 (これで、B2が「はい」ならB2に色が付きます) 股は 指定の値を含むセルだけ書式設定 セルの値、つぎの値に等しい「はい」 股は 数式を使用して、書式設定するセルを決定。 =C1

0

条件付き書式はその数式が適用範囲と密接に 関連します。 絶対参照、相対参照は判りますよね? 条件付き書式を設定したセルでルールの管理を 選んでもらうと適用先っていうセル範囲が ありますよね。 実は条件式はこの適用先の先頭セルを 基準とする相対指定で出来ています。 =IF(OR(C1=TRUE),"はい","いいえ") (ありゃ、なんだこのOR ?要らないぞ、数式ひとつだけでORって。) まいいや、この数式が成立するには 適用先の先頭セルがC1であることが必要です。 絶対指定ならつまり数式に$が付いていたら そこは考慮しなくていいですけど。

>適用先の先頭セルがC1であることが必要です。 ちょっと違いました相対を生かしたいのが、 行なら1の行番号が相対で一致していること、 列ならアルファベットの列番号が一致している 事が必要なんです。