回答受付が終了しました

最近、核融合発電についての話題が少し出ているようですが、ノーベル物理学賞を受賞した小柴さんは、

補足

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88%E7%82%89#%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E3%81%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9 を見ると、高速中性子で原子炉の材料が劣化する事が分かりますが、長時間核融合炉を運転すると、材料が劣化した部分から中性子線が漏れる可能性があるのではないでしょうか。 また、核融合炉の天井部分は耐震強度の問題などから重く出来ないと思われるため、核融合炉の天井部分は高速中性子の遮蔽がいい加減になり、核融合炉の天井部分からX線が放出さたり、高速中性子が天井を突き抜けて空気の分子に衝突してX線が発生する可能性はないのでしょうか。 それと、トリチウムの漏洩防止が難しい事は、国も認めていますので、 https://www.soumu.go.jp/kouchoi/substance/news/announce/houdou_kakuyuugou.pdf を見てください。

回答(3件)

1

小柴さんが言ってるのは核融合発電でも核融合反応させる容器には大量の高速中性子が当たるから素材が放射化することはあるので、放射性廃棄物でないなんてことはないよということです。 核分裂、特に軽水炉は大量の燃料を長期間かけて使うので、不足の事態があると大量の放射性物質が出ますが、核融合の場合は一度に大量の燃料を入れることがおそらくできないしやっても意味がないので、中には比較的少量の燃料しか入りません。ですから何か起こっても環境にもれるトリチウムなどの量は多くないと思われます。 まあ、今時点では核融合の臨界を持続できるとかできないとか言ってる段階で、発電方法として使えるかどうかわかりませんから、これに頼るエネルギー政策作ったらアホだと思いますよ。 飛んでるアルファ線は磁場かければ発電できるのは高校生でも思いつくことなので「α線で効率よく発電出来る方法が発見される見込みは全くない」と思ったのはあなたに物理の知識が致命的に足りてないだけです。 MHD発電とか調べてください。核融合状態では物質はプラズマなので、導電性流体です。

1人がナイス!しています

> 核融合炉の天井部分は高速中性子の遮蔽がいい加減になり …あの。高速中性子の遮蔽ってどうやるか知っていってる?

0

核融合では燃料を暫時供給しますから 事故が起こったら運転が停止してしまいますので 大量の放射線や中性子が漏れるということなどは無いでしょう。 燃料はDTですから、事故が起こればペレット貯蔵庫などが壊れ 大量のトリチウムが漏洩する可能性は否定出来ないと思います。 高速中性子は減速材に使われる黒鉛などを壁材として使用すれば 問題なく熱への変換が出来ると思いますがいかがでしょうか?

>大量の放射線や中性子が漏れるということなどは無いでしょう。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88%E7%82%89#%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E3%81%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9 を見ると、高速中性子で原子炉の材料が劣化するので、長時間運転すると中性子線が漏れるようになるのではないですか。 尚、高速中性子は約17MeVもあり、これはウランの核分裂で放出される中性子のエネルギーの約17倍もあるので、原発で大丈夫だから核融合でも大丈夫であるという事にはならない事に注意して下さい。

0

小柴さんのおっしゃる通りだと思っています。 核融合の研究もそろそろ終息すると思っています。