回答(11件)

0

まあ、ロマンしかないです。 そのロマンがメリットです。 メリット: 本物の銃の発射機構に似ているので本物気分を味わえる ブローバックガンは反動があるので打っていて楽しい 実銃とほぼ同じ重さを再現している デメリット: 電動に比べてとても燃費がかかる ガス漏れも多い 気温によって初速が安定しない すぐにガスが切れる 反動によってブレる 重い ブローバックガンの場合、スライドが前後するので煩い、危ない

4

・作動が楽しい ・レスポンスがよい ・機構がシンプルで整備性が高い っていうのは使ってるときに感じるメリット。 でもそもそもそんなことの前に、 ・電動ガンよりも構造がシンプルなのでガスガンは設計の小型化に向いている。 (電動ガンの場合はギア周りを含めたメカボックス、 シリンダーピストン周り、バッテリー、配線やコネクター、 などを銃本体サイズ内に詰め込まないといけない) ・小型にしても電動ガンより十分な出力を出しやすい (エアコキや電動ガンを小型化するとシリンダー容量や ピストンストロークの制限があるので妥協しないといけない) ・電装系が無いし、整備も簡単で、 雨やホコリに対して電動ガンほど気を使わなくて済む っていう設計段階での機械的な制限が少ないのと 整備性がサバゲーにおいての最大の恩恵。 電動ハンドガンの機種が少なくて、ガスハンドガンが多いのはこのため。

4人がナイス!しています

1

電動ガンはトリガーを引いている間でしか動作しない。 ガスガンはトリガーを引いてバルブを叩けば、一連の動作が終わるまで動いてくれる。

1人がナイス!しています