事実と意見とは何か? 前の質問の続きです。前の質問に対する回答で、事実と意見の違いが全く分かっていないことが判明しました。そこで今回はそもそもそれらは何なのか、探っていきたいと思います。

超常現象、オカルト | 哲学、倫理232閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

その他の回答(4件)

0

事実は意見を含まない。意見は真実を含む。事実は客観、真実は主観(解釈)である。 事実は一つだが真実は一つではない。真実と真理は異なる。 後半部分について……カントでも読んでみなはれ。

0

後半の宇宙そのものから受け継いだ遺伝子論について、それが意見ではなく、事実である根拠は何ですか? 遺伝子は宇宙からもらったもの、という点は、生命の発生が宇宙内部で起こった事だから、まぁ喉に引っかかりつつも飲み込めるとして、その遺伝子によって方程式や科学が理解できるっていうのは、あまりに直接的因果関係がない、論理の飛躍のように思えるのですが。 あと、数学的方程式にパラドックスが発生する現実について、方程式は「宇宙がそのように出来ていると発見したもの」である場合、この現実世界にもたびたびパラドックスが発生している事になりますけど、それについてはどう説明されますか?

1

途中から異論があります。 『方程式は発明するのではなく、発見するものです。何故なら宇宙は方程式で みちあふれているからです。』 ここに違和感を覚えます。 方程式は記述法ですね。記述法は「人の技」です。だから、唯一無二の記述法は存在しません。この世界を記述するための多様な記述法が存在します。 例えば、量子力学ではシュレディンガーの微分方程式とハイデルベルクの無限次元の行列による記述の論争は有名ですね。結局ディラックの代数力学で同じことの異なる記述であることが示されました。そのような記述者による任意性は間違いなく存在します。 『その内宇宙は宇宙そのものから遺伝子によって受け継がれて作られたので、』 そのエビデンスが存在しないので、これは同意できません。進化論でいえば、バナナも我々の50%くらいは遺伝子的に引き継いでいることになりますよ(笑)。 『宇宙そのものを理解する事が出来るのです。』 それはあまりに不遜です。自然現象に対して思い上がっているように見えます。 我々はこの宇宙・大自然に対してもっと謙虚に真摯に向き合うべきです。 我々が理解してることなど、まだまだ本当にわずかです。いや,本当に理解しているのかどうか。それも実証不能です。 以上は老科学者の個人的な見解、若い意欲的な後進へのアドバイスです。 私も私の師匠から、そのような思い上がりを強く戒められました。

1人がナイス!しています