回答受付が終了しました

私は今、とあるパソコン教室に行ってPhotoshopを勉強しています。

Photoshop | 就職活動122閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(6件)

0

採用する側に資格を持っている人がほとんどいないと思います。 とすると、資格で評価・判断ができないですよね。(・・;) ちなみにどういった職種に進もうと思っていますか? 意外とPhotoshopだけでできる仕事って少ないような…。 逆に、クリエイターならある程度使えて当たり前みたいな雰囲気もあります。 (DTP、カメラマン、ウェブデザイナー、動画クリエイターなど、メインのスキルはそれぞれ別にあっても、Photoshopがなくては仕事になりません) 何か他のスキルと組み合わせたり、一見クリエイティブでない業界で+αのスキルとして強みになるかもしれません。

0

新卒であれば資格は一定の技術目安になりますが、中途であれば実務ができる・できないのほうが目安ですが。 現場じゃそのようなものは誰も持ってませんが、ちゃんと皆実務で対応してるものです。 あと質問者の属性が不明ではあるものの、もし学生さんでない人であれば中途採用になるわけですが、中途は通常、実務レベルを求めるので、パソコン教室レベルだとまず難しいと思いますが。 作品はあっても実務をしたことない人に対し、実務実績を説明できるうえで作品自体がない人が競合であっても、一般的には後者のほうが有利。 もし学生ではない実務未経験者ってなら、せめてDTPコースのある職業訓練校での学びは欲しい。

0

Photoshopがちゃんと操作できてポートフォリオがうまく作れていれば良いって事です Photoshopクリエイター検定を受けて合格したら就職に有利になるという考えは勘違いです。 デザイン形の職業につくのに有利になる手段は国公立のトップクラスの美芸大のデザイン課を卒業することが「最強!」です。 就職に有利になる最強は上から順に 1.国公立のトップクラスの美芸大 2.国公立の美芸大 3.私立のトップクラスの美芸大 4.私立の美芸大 5.画力の実技試験なしで入学できるFラン私立の底辺美大 6.金さえ払えば誰でも入れるデザイン系専門学校 7.美術系の専門教育まったく受けていないで、「資格さえあれば」と民間のデザイン検定を受けた人。 5.以下の人が世間でデザイン系の職場に正社員としての席を得る(雇用される)のはほぼ無理です。 スーパーの新聞広告のビラチラシのDTPでPhotoshopを使っているような人は、自給1200円の主婦パートの仕事です。 そんな底辺の奴隷仕事につく場合は、大学卒業の学歴も、専門学校、民間のデザイン検定も必要ないです。

0

他の回答者さんや教室の先生のおっしゃるとおり、資格よりもポートフォリオです。クリエイター検定の合格を目標に掲げて勉強することは悪いことだとは思いませんが、費用対効果はあまりよくないと思います。採用の合否ギリギリラインにいた場合、多少は有利になるかもしれませんが。 知恵袋にも時々そういう質問が投稿されますが、回答者のみなさん、異口同音に「資格よりもポートフォリオ」っておっしゃっています。試しにPhotoshopカテゴリ内を「資格」で検索してみてください。 「合格したら就職に有利」と言って薦めているのは、おそらくその資格試験を運営している会社と、資格取得を目標に掲げているスクールくらいです。 私がそういう資格を持っていると公言している人に会ったことがあるのは一度だけ、パソコン教室の講師をしている人でした。生徒に薦める立場だから当然かもしれませんが。(名刺に資格名が印刷してあって「実在したんだ!!」って思っちゃいました。)

0

Photoshopの機能を知っているというのと、 それを使いこなして上手な絵が描けるとか、デザインができるというのは 別の次元の話だからです。 美術の筆記試験と作画の点数が必ずしも一致しないという事です。