ID非公開

2021/9/14 1:24

44回答

地球温暖化によって、どんなの生き物にどんな影響が与えられ、その厳しい環境の中でどのように進化すると思いますか?

地球温暖化62閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

生態学にあまり詳しくない方の方にナイスがついているので、ひょっとしたら回答者様もわかりにくい言葉があるかもしれないと思い、補足します。 α多様性というのはひとつのバイオーム内でどれだけ数の種がどのぐらいの割合で存在するか、です。種数を数得るだけはジャッカード指数と呼んでこの多様性をあまり反映しないのでマイナーな白熊さんが死んでいなくなろうが、全体のα多様性は変わらず、白熊やほかの種の個体数が激減した時点で変わるシャノンやシンプソンの指数というので表すのが普通です。 β多様性は砂漠と湿地の生物がどんぐらい違うかなど、ことなるバイオームを比較して計算し、ブレイカーティスの非相同指数などで示します。 この2つの多様性があります。どっちも地球温暖化で上がります。 つづく

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。結構専門的な語句が出てきて、困惑してましたが、分かりやすく説明ありがとうございます。

お礼日時:9/16 17:24

その他の回答(3件)

0

進化しないと思います。以下の事実が常に観察されます。 (1) 生命は他の生命からしか生じない (2) 生まれた生命は元の生命と同種 (3) 生まれた生命に形質の差異また突然変異は生じ得る 進化論者は(3)の差異変異の影響あるいは蓄積で種分化また大進化が起きたとも論じます。 では農業試験場のある職員が「種子の糖度が高いからこの稲は将来サトウキビに進化する」と主張したら、あなたはどう思いますか?糖度という形質の差異だけからサトウキビへの進化を予言するのはこじつけだと考える人が大半でしょう。とんでもない勘違いだとあざ笑う人もいるでしょう。ともかくそれは根拠のない憶測に過ぎません。なぜなら今まで稲がサトウキビに、あるいは別種の植物に変化した事例は全く観察されていないからです。この事実は世界中の農家が証言できます。 しかし進化論はそのような別の種への変化が過去に起きたとしています。それには爬虫類から鳥類へのような正に飛躍的な変化も含まれます。しかも何百万回もです!なぜなら現在地球上に既知の生物が100万種類以上存在し、未知の生物はその数倍もいると推測されているからです。(進化論者が想定する鎖輪、つまり中間形態が仮に存在したとすると、変化の総数は激増します。しかし実際には中間形態は今も化石に中にも見られません) 今まで1例たりとも観察されていない生物の種分化が過去に何百万回も起きたと主張する進化論は、確かな証拠が一つも無い憶測で科学理論ではありません。 https://www.jw.org/ja/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88/%E7%A7%91%E5%AD%A6/

1

10度の温暖化で動物も植物も大繁栄していた古第3紀並みの温度となり、熱帯域が高緯度側に拡大し、不毛の寒帯が温帯に変わって、生物の多様性が増し、現存量も増えます。 これまでの温暖化で日本本土南岸のサンゴや日本海北部のサワラが増え、ナガサキアゲハなどの暖地性の昆虫の分布が北上しています。 水稲は冷害による不作が減って、収量が増加しています。 年平均気温が東京より7度高い沖縄、10度高いハワイとも、厳しい環境とはいえません。 厳しい環境になるのは、冬が長くなり、寒帯が拡大し、冷害による凶作が増える寒冷化です。 温暖な気候で進化は促進され、より多様な新種が生まれるでしょう。人類はもともと温暖なアフリカの熱帯域で誕生しましたから、温暖化しても進化しません。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

→ 色いろ心配事?あるんでしょうが!でもですが、地球温暖化現象の現実の実態の正しい理解把握は非常に大事なことと理解してるのですよ! 100年間?+0.5~0.7℃?は、そんなには脅威じゃないでしょうね?ですよね?